FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫

 
木村拓哉 様

お誕生日おめでとうございます。
素敵な時間 大切な時間
ひとときひととき
重なっていきますように…
笑顔と共に



帰宅が遅かったことや、今週から非常に忙しいこともあり
日付が変わってすぐには、ツィートできませんでした。
でも、カウントダウンは自分の中でしていたし
Twitterで始まった46回目の誕生祭は
かっこよく美しくかわいい木村君のオンパレード。
愛が溢れていて、刺激され、わくわく…

最初に書こうとしたのは別のことでした。
でも、私はお誕生日に寄せて言葉を贈るとすれば必ず入れる言葉があり
やはり、それからにしようと
いったん消して上の言葉を書き始めました。
いつも贈る言葉だからワンパーターンにならないように
その時の想いを込めて。。。。。と考えていたら

木村君の笑顔が

あの屈託のない笑顔が

そして、笑顔どころじゃすまない笑う姿がいくつも過ぎって

メンバーの言葉に笑い崩れる
メンバーの言葉に手を叩いて大口開けて笑う
メンバーの言葉に吹いてカメラに背中を向ける
メンバーの言葉に画面の隅っこで身体曲げて笑ってる
メンバーの言葉に…

場面だってちゃんと浮かびましたよ。
(吾郎さん、剛君&慎吾君、吾郎さん、カメラがアップで捕らえていたのはスマシプ、まだまだいっぱい…ってかさ、木村君て笑うよね~。かっこよすぎて、美しすぎて、世間一般にはドラマやCMのイメージ先行しちゃうけど、子どもみたいに笑うよね。そこに机があれば、すぐ突っ伏して笑うし。

そんな木村君が大好きだ
木村君の笑う姿がたまらない

スマスマが全くの「素」とは言えないけど、そこはそれカメラが回っていることは常に無意識の中に感じられていると思うけど…
でも、「カメラに映っているよ~w」「カメラに背中向けないで~w」ツッコみたくなるほど無防備に笑ってる。番宣でも多少は見られるけどさ、でも違うんだ。やっぱりちょっとどこか違う。

見たい
木村君の全身で笑う姿が見たい

んにゃ、それだけでなく
剛君の「ねらっていない」天然ツッコミにぽかんと止まってしまう顔
吾郎さんに…(自主規制←あっ ってか、最初スマ愛目覚めたときびっくりしました。しんつよの爽やかさとは違うあのアダルティな香りはなんなんでしょ?かわいいじゃれあいに漂う…自主規制)
ふとしたときに慎吾君を甘やかしちゃう姿
同級生をいじったり、同級生につっこんだり、同級生に照れたり、同級生を小動物に例えたり、同級生を…
見たいよ~

誕生祭始まったばかりなのに、いつのまにか (;▽;) になっている自分でした。



もちろん~
溢れる想いはそれだけじゃありません。
毎度ながら、カタチにすることできなくて



木村最上は素晴らしかった。
言葉もなく囚われた。
これから、まだまだ、あなたはあなたを超えていく。
とっても楽しみです。



娘さんのInstagramにアップされた写真。
様々な想い、様々な感想や意見があるけれど
私は単純にきれいだなぁと思いました。
彼の宝物。

画面の向こうの世界のことはわかりません。
木村君には幸せでいて欲しいし幸せになってもらいたい。



一方で、「木村拓哉」に望んでいることもあります。
あなたには「アイドル」でいて欲しい。
それはあなたが言った「偶像」ではなく

天上に居ながら寄り添う存在
特別だけど当たり前で
当たり前だけど特別な存在
日常なのに奇跡の存在

ファンも世間もアンチさえも全て背負って
「前に」と光を指せる存在

それはあなたの喜びと矛盾していないと思っています。
なぜならそれは
あなたが
あなたが「帰る場所」と言ったメンバーたちと
拓いてきた道だから



あなたの
素敵な時間 大切な時間
ひとときひととき
重なっていきますように…
笑顔と共に

拓哉 大好き
せつないくらいに大好きです




読んでくださってありがとうございました
拍手もありがとうございます。
(隠し文字に気づかれた方、すみません、実は脳内で…あの呼び方です。
今日は、どうしても書きたくなってしまいました。
でも、多分、今後も口から出ないです。コンサートでもきっと。こっそり心で
…と書きつつ、未来の私に覚書き。自分でも書いたこと自体忘れそうで(爆))



SMAP大好き
メンバー大好き
ずっとずっとだーいすき

     
 
スポンサーサイト

関連記事

    
NO.9 ー不滅の旋律ー

いよいよ始まりました

初日を無事迎えられ、
感動と共に素晴らしいスタートを切られたこと
心よりお祝い申し上げます。

その場に居る人々の魂を揺さぶる時間
幾重にも重ねられ
無事千秋楽を迎えられますよう心よりお祈り申し上げます。



。。。。。 。と、言葉にできる想いもあれば

朝から
頭?心?・・・もしかして血流?
のどこかで第九を感じながらも
日常をこなすためになんとかスルーし
(今思うとスルーできていたか非常に怪しい)
ようやく夜、帰宅したとたんに箍が外れ
Twitter画面から目が離せなくなる

第九が鳴り響き
「うぉーっ!」と叫びたくなる衝動すら感じつつ
初演で見たルイスが
あちこちで
暴れまわったり、指揮棒振ったり
(ぷりっけつをこちらにむけてのうこうちゅーしたり※)

もう、なにがなんだか、言葉にならない感情がぐるんぐるん


Twitterに並ぶ

感動の言葉の数々
わかります、わかります
共感します
…いやいや、私はまだわからない
今のルイスに会っていないんだもの
あ~早く会いたい

賛辞の言葉の数々
そうでしょ、そうでしょ
それが舞台の上の稲垣吾郎
彼のベートーヴェンに
魅せられる
囚われる
病みつきになる

もしチケット1枚しか取っていなかったら
どうして2回分取ってないんだと後悔をする
(演目は違いますが、私も経験済みです)

できることなら通いたい
浴びるほど彼を感じていたい



おめでとう、吾郎さん
わかっていたけど
嬉しくて誇らしくて愛しくて
おめでとう、吾郎さん
おめでとうございます

ブラボー!!!!!

公演期間が長いけれど
その分幸せもたくさん感じて
どうかどうか無事に

心より応援しています。
心より祈っています。





そして今夜、TwitterのTLを賑わしたもう一人の主役、剛君
びっくりぽん。
それを書く時間が~~~今はないっあうっ無念
(また夜が明けてしまう)


昨夜(正確には今朝)、気持ち溢れるまま、前夜祭的な記事を別館の方に書きました。
(読んでくださった方ありがとうございました)
自分の備忘録としてリンク張らせていただきます。
自分でもどこにどの記事書いたかわからなくなっちゃうので(^-^;);;;;;

「血がね、ぞわぞわってするの」(晴れわたる。。。 ―別館「好きから・・・・・・その先へ」―) ⇒ https://ameblo.jp/wa56-ringoro/entry-12418211242.html

※↑で「ぶりっけつ…」と書いていますが
初演の時、マチネとソワレで観ました。マチネはど真ん中。肉眼でも役者さんの芝居を観られる距離なのに、ステージが見渡せ音響最高。ソワレ、なんと1列目。ただ、上手側で、役者さんの声しか聞こえない時もある席でした。そこから見えるラブシーンは…上に書いたとおり(*^^*)

ここまで読んでくださってありがとうございます
新しい地図発足の際、ブロガー吾郎さん応援のためabemaブログも復活させてます。2足わらじ 別館も、よければよろしくお願いします。
ななにーのことや、東京国際映画祭のこと、ちょこっと書いてます。

SMAP大好き
メンバー大好き
ずっと好き

木村君誕生日も目前

メンバーに
スマファンに
私に ←
幸せな時間たくさん訪れますように
      
関連記事

ちょこっとだけ、とどめたい気持ち綴ります。



☆「のどじまんTHEワールド」

この番組大好きです。
出演する方々の歌は、不思議に思うほど心を震わせます。
22時間、35時間…
長い時間をかけて、遠い日本に来る彼らの想い
彼らにとって異国の言葉で歌う歌
だからこそなおさら「その人」が歌に出るのかもしれませんね。

最初から、ほっこりどきどきしながら、聞いて、見て、感じていました。
エレオノラさんの「もののけ姫」に、なぜか涙がじんわり出てしまったり、
ブライアン君の醸しだす世界観に、「これで19歳!?」と驚きつつ浸っていたら
中居君が抜かれて…「なんて表情…する…の」
その瞬間
→きゅーっと胸が締め付けられる
→カメラマン&編集さんえらいっ!ぐっじょぶっ!
って多重放送に切り替わる萌え脳を発動したり、
エレオノラさんとアナさん、最終的に残るのも納得の魅力
全然違うタイプでそれぞれに素晴らしく、聴き入ってしまったり。

そして。。。。。 。
天使アダマちゃんが歌う「世界に一つだけの花」
透明で愛らしい歌声と表情が響く響く
歌っている時と、中居君を前にした時、違う姿のリカルド君が歌う「夜空ノムコウ」
もう、こっちの想いまで彼の声にのって溢れてしまう
二人に歌ってもらって本当に良かった
ありがとうアダマちゃん、リカルド君(;▽;)(;▽;)(;▽;)

彼女を、彼を、見つめる中居君の表情。。。。。 。
ああ
泣けてくる
中居君

だけど口ずさまない。
多くのNAKAMAが感じたように、私もそう思いました。
やっぱり。。。。。5人でないと、歌わない。。。。。のかな





☆「中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!プロ野球ファン1万人&レジェンドOBが選んだ 最強助っ人外国人ランキングSP」

・・・・・長い (^▽^;)
新しいタグできてましたね「#中居スポーツ」

まあ、スポーツ関係、特に野球関係の番組は、中居君が楽しそうで何より
もう、ただただ、嬉しそうな中居君、はしゃぐ中居君を堪能する時間ですね\(≧∀≦)/

。。。。。のはずだったのですけどね
てっちゃんがさ、また中居君とわちゃわちゃしていて
(あっ例の野球観戦エピだ~と思ったら、今度は画像付きだしw たまらんわ~てっちゃん、ありがとう~)
それがとっても嬉しくて、ほっこり見ていたら、
中居君が「…25年経ったら…」って言うから、その瞬間に、なんだかいろいろ過ぎってしまったのですよ。

最近のTLは、現在のメンバーはもちろん、古いものからちょこっと前の過去、そして未来への希望、混沌としているわけです。私の中も過去と現在、未来が混沌。

そんな中で、てっちゃん…出川さんとのご縁も本当に長いないなぁ、感謝だなあ…と思った時に、あの年、2016年のスマスマ(クイズ出川)や企画(剛君の限界に挑戦)で、出川さんのキャラに救われたことを思い出したんです。
ありがとう、てっちゃん。
正直なところ、10年前の私、出川さんを「てっちゃん」と呼び、こんなに感謝する日が来るとは思っていなかったよ←おいっ
いやいや、愛を込めて失礼なこと書いていますが(爆)、本当に感謝しています。
これからも中居君と野球デートしてください。そのためにも健康に気をつけて元気でいてくださいね。





☆ S☆1

生放送が嬉しい。
生中居君。今この瞬間の中居君
そうは言っても、リアタイできたのは一部だけなんですけど。

桑田さんとニコニコして話している表情が、うふふ~ったまりませんっ( ´艸`)
質問の仕方とか、相づちの打ち方とか、職人技を堪能しつつ、かわいいかわいい笑顔たまらんと、ここでも萌え脳による多重放送です。



☆おまけ

中居君の新番組が見たい。
見たい。見たい。みた~いっ!
ゴロデラも見たいっ←あっ
我が地域は放送されません。TBS系列ダメダメです。
文句ばかり言ってないで要望出していきます。



と、最後に、駄々こねしたところで終わりにしたいと思います。
木曜日にも中居君のドラフト特番がありますね。
リアタイはできませんが、それを楽しみにお仕事頑張ります。



だけどね中居君。
どんな番組も楽しいけれど…
私は、やっぱり中居君には「中に居てもらいたい」
大好きな…めんどくさいと照れながら…バラバラだのまとまんねーよと言いながら…誰よりも誇りに思っている、メンバーの中に居て欲しい。
「真ん中嫌なんだよね、見渡せる端がいい」
そう言ってたのに、あなたが描いた「SMAP」、自分を真ん中に描いている。
右にキムゴロ、左にしんつよ
あなたは後ろからメンバーを見守っているの?
あなたの絵は遠近法まる無視なはずだけど、そうにも見えるよ。
しかも、描かれたあなたは「マイクを持っている」
中居君、あなたには中に居て欲しい。
メンバーと歌って踊って欲しい。
いつかその日が来ますように。




SMAP大好き
メンバー大好き
ずっとずっと好き

ここまで読んでくださってありがとうございます
(前の記事に拍手もありがとうございました。とても嬉しいです)
     
 
関連記事


新しい地図発足から1年、今回のななにーは。。。

愛しくて恋しくてたまらなかった

。。。5人が





毎度のことながら、溢れる想いを表す言葉を知りません。

こんこんと湧いてくる想い
ぱんぱんにつまって 苦しいような切ないような
「溢れる想い」 と5文字ですましてしまうけれど
実のところ
堰を切って流れ出し とめどもないときもあれば
そのまま渦巻いているものを抱きしめ過ごすときもある

それは時に澄んでいて
時に混沌と濁っている

今回はそれすらもわかりません。
たっぷり7.2時間
ほぼ彼だけを見て、彼らだけを感じて過ごすのだもの無理ないですね。
ただ、終わったときに、TLに刺激されて出た言葉は

(前略)・・・5人を愛しく恋しく思わずにはいられないななにーでした」





1ヶ月閉じこもっていたブログ、突然、挨拶も無く「自分の世界」に浸りまくった独りよがりの書き出しで失礼します。

この1年。私もSNSとの関わり方がだいぶ変わりました。
LINEを始めたとたん、スマ関連以外の人ともメールから切り替わるようになりました。
見る方専門とはいえInstagramにYouTube…
Twitterは前からしていたものの、情報源としての比重は益々大きくなり、その手軽さと繋がっている人数の多さ、何よりタグ付けすることでメンバーへの応援になるということから、気持ちのアウトプット手段としても主流になってしまいました。

(あれれ、思うまま書いたところ、以下↓近況報告?一種の弱音?のようなモノになってしまいました。薄字にしておきますので、ななにー感想の部分にスキップする方は、スクロールしてください)
でも、ブログはまた違った「場」。
言葉というカタチで綴られた想いが在ります。
つい最近も、過去のことを確認するため、自分の書いた記事を振り返ることがありました。
私は、いまだにスマスマを見ることができなくて…だから自分の記事で、確認することになります。そこに在るのは、未来を知らないキラキラした記憶(…はきれいな言い方。はっきり言えば、ただひたすらに個人の萌え、萌え、萌え!)に、16年の折りには、切なくもせいいっぱいの空元気の自分。

「ここは縁側のようなもの」その気持ちは寸分も変わりません。
やっぱりテリトリーなだけにほっとしますし、書きたい気持ちいっぱい。
だけど、持病の影響で、体力がさらに無くなってしまいました(>_<);;
体調は、苦しんだ上半期に比べ、今が今年一番いいような気がします。なのに体力は半年前よりさらにダウンしてしまって、回復しません。
書きかけの記事(中には、あとは絵文字付けて、誤字脱字チェックしてアップすればいいだけだったのに、タイミング逃してしまったものも)はいくつかありますが…それ以上に多いのは、メモ用紙に書き連ねた下書き。昨今はPCに向かう体力気力すら無くなってしまって。
以前から、気には留めて努めていたのですが、1時間くらいでささっと記事にまとめられる力や要領を身につけたいです。






。。。。。ということで、このままでは、「あの」ななにーすら何も書かないで終わってしまうのではないかと。。。ひと言だけでも書きたいと出て参りました(*^_^*)



AbemaTVさんに感謝したいのは、ネットや動画の知識が全くなくても、Twitter連動でその瞬間の映像を切り取ってアップできるということです。残念なことに呟きたいことと切り取られた瞬間がずれるので、その時々にタイミングを計らないといけないのですが、記憶を起こすよすがにはなりますね。記事が書けない今の自分には、本当にありがたいです。

もしよろしければ、私のtwilogのリンク貼っておきます。
(一度に見ることはできません。見たい部分のツィートの「日付」部分をクリックするとツィートに飛びます。そこで動画をクリックすると再生されます)
7日にツィートした分⇒ https://twilog.org/wa_go_roku/date-181007
8日にツィートした分⇒ https://twilog.org/wa_go_roku/date-181008

例えばこんな感じ



こんなふうにサイトにツィ-トを埋められるようになったのも、この1年の間です( ´艸`)



一茂さんの「SMAP」発言で弾みがついたななにー
各企画、楽しい時間の中に、笑いあり萌えあり
ネット界から復活した幸子さんとのライブ経て後半へ
パリの慎吾君の個展
ロハスの二人旅
そして対談inパリ

笑って萌えてまた笑い…嬉しくて嬉しくて…切なくて…
5人が、やっぱり大好きです。大好きなんです。

3人を見て、5人を想う。
5人を想って6人を感じる。

(森君も応援しています。森君はオートレーサー。
私はアイドルしてくれている5人を追いかけます。アイドルのイメージや定義は人それぞれ、アイドル表記に違和感感じられる方がいるのもよくわかります。
担当を聞かれると答え方に迷いましたが、最近定着しました「5人担当6人推しのSMAPファンです」。5人がいて、6人がいて、彼らがみせてくれた奇跡がSMAP)

番組終了後、彼らのツィートにリプしました。
できるだけ早く返したいと思い、言葉をあまり選べませんでした。
「リプ」なので彼らの言葉に合わせることを意識し…
…たはずなのに文中に必ず入った言葉が

「…吾郎さんが吾郎さんでいてくれて嬉しいです…」
「…剛くんが剛くんでいてくれてありがとう!です」
「…慎吾くんが慎吾くんでいてくれてありがとう♡です」
(慎吾君宛は140字に入らなくて、付け足しました)

見ていて、聞いていて、感じていて
彼らはとことん彼らなんだ
どこに行っても、新しいことをやっても
カタチが変わっても
彼らは彼らなんだと
それが心を打ち
たまならく。。。。。たまらなく。。。。。
あふれて。。。。。
いっぱいいっぱいで

5人が好き、大好き
あいたいよ
5人が愛しくて、恋しくて、たまりませんでした。



私はそう思ったのですが、
後日、TLには3人が変わった(変われた)という感想が多く並んだ時がありました。
中には「役割分担がなくなった」「友達になった」さらに「役割から解放された」的な表現も。
ちょっと心がざわっとしました。
でも、感じ方は人それぞれですね。その後、メンバーの立ち位置に触れ、私と同じような感じ方をされた方のツィートも。
もしかしたら、「役割」という言葉そのものも、人によって使い方やイメージが違うかもしれませんね。
そして聞こえてきました
「変わりながら変わらずにいられる それが得意のForm ~♪」

探す 失くす 何度も壊して
迷う 目指す 笑えるときまで
変わりながら変わらずにいられる それが得意のForm


ああ、本当に。。。。。



ところで、次回の1週間前にはまた振り返り放送があるんですよね? AbemaTVさま~よろしくです。
その頃に再度感想を書けたら…と思います。
今度は萌えいっぱいで\(*^▽^*)/



あ~記事を書けて嬉しいです
読んでくださった方ありがとうございます
(閉じこもっている間も時々覗いてくださった方、拍手下さった方、本当にありがとうございます)

今日も、最後は叫ばせてください
SMAP大好き~ずっとずっと好き~

     
 
関連記事

今年の私は、どうにも、こうにも。
できないことが多すぎて、いよいよ…(病気の関係)…なのか。

そんなこんなで拙ブログの更新も滞りがち、大切な日に記事が書けませんでした。
ちょうど一週間前のあの日。書かせてください(*^_^*)






9月9日
SMAPデビューの日





私は、この日、結局「おめでとう」が言えませんでした。

特に意識していたわけではありませんでしたが…
続く災害と記念日は、また別のことだと思っていたのですが、無意識に自粛の気持ちが働いたのかもしれません。
先週は私ごとでかなり厳しい状況だったので、気持ちがついていけなかったのかもしれません。
ただ、どこかで思うのは…



私はメンバーが大好きです。
メンバーの活躍がとても嬉しいです。

この日は
中居君の楽しそうな声を聴いたばかりで
木村さ~~ん!で誰かを演じているのではない木村君を見ることができ
AbemaTVで2日のななにーを見れば
吾郎さん、剛君、慎吾君が萌えちゃうほどにわちゃっていました。
だけど。。。。。ね。     違う…んだよね?



(何度も何度も、同じ言葉を繰り返してしまいますが)


ありがとう。

彼らが「そこに」いてくれること
彼らが「彼ら」でいてくれること

嬉しい。すっごく嬉しい。
感謝でしかない。

ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。

好き、大好き。

だからこそ、どうしようもなく、なおさらに



。。。。。あいたい。
SMAPにあいたい。
たまらなく、たまらなくあいたい。


そんな気持ちが強すぎて、言えなかったのかもしれない…とも思います。



あっ! もちろん
ただ切なく過ごしていただけではありません(*^_^*)
大好きと感謝で心をいっぱいいっぱいにして
NAKAMAさんのツィートに幸せたーっくさんもらっていました



実は、地域の仕事で行けなくなってしまいましたが、この日、西武遊園地と東京タワー(展示会・復興支援即売会イベント)に行く計画を立てていました。
西武遊園地には行ったことがありません。だからとても楽しみにしていました。
そこで会う予定だったスマ友さんが
「…とてもそれは残念です。でも28周年もあります…」
とさらっと書いてあるのを読んで、そうだよなぁ、これからもずっとずっとだもんね、焦ることないな~って思ったら、とても幸せな気持ちになりました

この日の、スマ友さんやNAKAMAさんの、メール、LINE、ツィート
わくわくどきどきがいっぱい。愛がいっぱい。
留守番隊でも、見ているだけで幸せ~(≧∀≦)


それにしても、NAKAMAさんたちの企画力、実行力、すごい
これだけのイベントを日本全国あちこちで。
パーティーに展示会に即売会(復興支援)
電車を走らせ、バスを走らせ


それを見た人のツィートもありました。
「SMAPファンがやったのかな? なんか感動したよ」
…という感じで書いてあったように思います。
(保存しておけば良かったのですが、Twitterはすぐ流れてしまって)



書いているそばから、想いが募っていく。
書いているそばから、想いが溢れ出す。

これからも
好きが重なっていくんですね。
これからも
ありがとうが重なっていくんですね。

その先に
どうかペンラの星の海
その真ん中で
歌って踊る5人を
笑いながらわちゃる5人を
見ることができますように



今日も明日も
これからもずっと
SMAP大好き




一週間遅れの記事になってしまいましたが、読んでくださってありがとうございます
(拍手もありがとうございます)

      
 
関連記事

りんごろ

Author:りんごろ
 夢モリ時代から、一視聴者として、笑いと感動を、ずっと頂いてまいりました。無意識に。ごく普通に。
。。。そして'12年夏。ひょんなことから、スマ愛を自覚し、ファンの道を第一歩。踏み出してわかる、単なる「好き」とファンとの開き。さらに自分自身に起こる変化にも、ちょっと戸惑いぎみ(照)
 スマさんたち同様、スマファンさんにも感動&感謝することしばしば…SMAPファンになると同時に、スマファンさんのファンにもなったように思います。
 ちょっと(かなり?)ずれたところがあるかと思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。