2018 / 02
≪ 2018 / 01 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - 2018 / 03 ≫

     
 
あなたが

抱き続けた自分の夢を叶えるため
メンバーといた場所と全く別の世界に挑むとき

あなたが願ったのは
「ずっと一番でいて欲しい」

リーダーがあなたに願ったのは
「今まで通り『感じのいい人』で在って欲しい」





それからたくさんの時間が重なって。。。。。。

SNSという便利なツールが、遅まきながら、私の生活にも入ってきて
森君の「今」を、少しずつ知るようになりました。

森君がインスタグラムを始めて
その2枚目の写真は
「花文字」のネームプレートでした。

何で? どうしたの?
それって?

(SMAPが中国公演で国賓級の歓待を受けた際、5人それぞれに花文字で書かれた名前の巻物をプレゼントされました)



その一年前
メンバーが27時間のエンターテイメントに挑んだとき
森君は手紙を書きました。

そこに書かれた言葉
今でも胸が熱くなる

その後
何度も、何度も、何度だって

その言葉を思い出して
かみしめる
感じている
笑って涙して
また想う

このとき
「僕の友達は5人以外にいません」
に驚きました。



そして、インスタの花文字を見たときに、また驚きました。
そういうことなのかな?
SMAPって凄い
まだまだ深い
ああ、まだまだ「底なし沼」の認識が甘かったぁ



その数ヶ月後。
ほんの、たったの、数ヶ月後です。
解散報道

あれから
森君の言葉や存在にどれだけ救われたでしょう。

何より「命がけ」と言っても過言でないレース中
森君自身を守るヘルメット。
その写真を見たときには涙が出ました。
震えました。

その後のホンネテレビで
そのヘルメットをわざわざ3人に見せる森君
さらに慎吾君にデザインを指し示す森君
その姿と表情。

星の服を纏う森君。
昔とは違う絶妙なトークの中で
人が歓喜する言葉を織り交ぜる森君。



SNSがぐっと身近になって
オートファンの声も私の元に届くようになりました。
どれだけ森君が、オートファンの心をつかんでいるか知りました。
個人の好みを超越した尊敬と感謝の念。

選手として技術や心身を磨くだけでなく
オートレースの発展のため自ら広告塔となること。
その過酷なハンデを知っているのは
その世界に生きる人たちとその世界を支えるファンなのでしょうね。

年末、森君の優勝に寄せたオートファンのたくさんの声
森君の重ねてきた時間を想いました。
森君の「今」が、私の知らないその時間の森君の姿を教えてくれました。



ずっとずっと変わらずに
あなたのことを大好きな人が願った「感じのいい人」



森君
森君が森君でいてくれて嬉しい

あなたがあなたでいてくれてうれしい

そして
本当に本当にありがとう






森 且行様

お誕生日おめでとうございます

あなたの生きる世界は厳しくて
私から見ると、ある意味とても残酷です

ひとレース、ひとレース
どうか無事に重ねられますように
ひとレース、ひとレース
楽しさと喜びを重ねられますように

重ねた先にあなたの望むものが在りますように

勝利を心より願っています






正直なところ、編集が間に合わなくて時間過ぎてしまったのですが、チラ見せアップの時間をそのまま更新時間にさせていただきます。
本当は、日付が19日になった頃アップするつもりでした。
でも、全然、形にならなくてツイッターで




私にとっての森君は
「カタチを失っても、概念として依然と存在し続ける『SMAP』」
の象徴なのかもしれません。
概念となったSMAPのメンバーは紛れもなく6人。
そこには事務所とか契約とか関係ない、入り込む隙がありません。なにせ存在している場所は「人の心」ですから。

お誕生日の祝福とは違うかもしれませんが、どうしても感謝を書かずにはいられませんでした。
。。。。。。が、難しい。
まだまだ書き足りないです。(上手くまとまらなくて、ごそっと削除した部分もあります)



もっともっと、言葉を書けるようになりたいです。
今年2回目の記事って…(^0^;)泣ける~
ご存じかもしれませんが別館の方も挫折してます。

できないことを数え始めると落ち込んでしまうので、一つ一つできること頑張ります。

SMAP大好き
ずっとずっと大好きです
      
スポンサーサイト

関連記事

      
慎吾君 お誕生日おめでとう


慎吾君を想うとき
最初に浮かぶのがその笑顔

あなたの大切な時間
そのひとときひとときに
笑顔がきらきら輝きますように

あなた自身とあなたの大切な人たちの
笑顔がひとつひとつ
重なっていきますように





まさかねまさかね
その瞬間の慎吾君の姿を見られるなんて

まさかねまさかね
41歳になったばかりの慎吾君のリアルタイム
「アイシテマース」
をいただけるとは。。。。。 。

今、思っても~
きゃあ o(*≧∀≦*)o


こちらまさに日付が変わった瞬間のツィートです( ´艸`)




あ~本当に、楽しくて

剛君がいないの何で~って寂しさと共に思ったけれど
シンゴロウがちっちゃな萌えもおっきな萌えもいっぱいで
剛君があったかくかっこよくキメるとこはキメるのに
やっぱり暴走、ネタバレ、安定のつよポンで

そして剛君と一緒に視聴者もすっかりだまされたサプライズ
最高



楽しく素敵な時間
その上その上(;∀;)
DVD化決定
目がうるうるした瞬間に
レギュラー決定

何が起こったの~
ってくらい、嬉しいニュースが怒濤のように

もしかして
どっきりかけられた剛君を写しているカメラとか
合流した3人の様子とか
そのレギュラーの放送1発目に流してくれちゃったりするのかしら~

#てか(←笑)、何らかの形で見せてくれると信じてます。



最後に



これをツィートしたとき
週間天気予報で長野の天気は良くなかったんです。
でも、今夜見ることできました。
仕事中だったので、消える瞬間は見られませんでしたが、その直前45分頃の月は見ることができました。
次に外に出る機会(10時過ぎ)に見上げたら、赤くぼんやりした月が。
目が悪いので細かには見えませんが、それでも、不思議。感激。あんなに小さく見えるだけなのに、どこか圧倒されてしまいました。

Birthdayにたくさんのミラクルの慎吾君
きっと大丈夫!
これからも、ずっとずっと、あなたの笑顔に叫び続けます。
アイシテマース(*^▽^*)



それと5年前の誕生日の慎吾君の言葉をおいていきます。
(剛君の舞台を韓国に見に行き、その囲み取材を一緒に受け)
『誕生日は絶対カレといたい!みたいな感じですよね。何やってんだろ…』
拙ブログ2013年の記事「やってくれる~♪な君へ」

あっ!
記憶が正しければ、その後のスマスマで「俺も日本で舞台やっているんだけど」と吾郎さんやきもちツッコミ発言&安定のシンゴロウを見せてくれたことも付け加えさせていただきます。たしか…たぶん…(←おいっ)





ご無沙汰していました
お元気でいらっしゃいましたか。
こちらを覗いてくださってありがとうございます。
気にかけてくださった方々に、いつも感謝です。

いろいろ…本当にいろいろございまして…
ただ、慎吾君のハピバメッセージに洒落にならない自分の近況を書きたくないので、また改めまして、ご挨拶させて下さい。

今日も明日も
ずっとずっと
SMAP大好きーーーーーっ
メンバーが大好き

(○○な君へ。。。。。。この企画(?)恥ずかしいのですけど、またやってみようと思います。想いを込めて)
     
 
関連記事

      
何度も何度も見てしまいます。

今日も何度も見にいきました。

木村君のあの写真。
ジャニnetのクリスマス&ニューイヤーメッセージの会員限定写真。



思いの丈をしっかり書くつもりでしたが、どうにも今は難しく。。。。。
とっさにスマホで書いた記事がこちらになります。

鮮烈! 貴方が大好きだ~木村拓哉~





そして、こちらアメブロサイトでは、盛り上げ隊として、吾郎さんが更新したらできる限り「リブログ」記事 うq しようと頑張っています。
いつも、見て下さっている方に見ていただけたらとても嬉しいです。

TOPになります⇒ 晴れわたる。。。





ちょおっとしんどい。
今、抱えてるもの無事解決しますように。



関連記事



こちら、スマホ投稿です。
日々、SNSに翻弄されてるわたしです。



そして。
アメブロでは、スマホではできないと判明したツィート埋め込み、こちらでチャレンジしてみようと思います。


どうでしょう… (じゃかじゃじゃじゃ…)





じゃんっ!









できました♪ヽ(´▽`)/

剛くんの熱唱&キュートくるちゃん💕
わーい



ただ、他の操作はむずかしい💦
プレビューが見られません。
(いちいち保存して、確認してます)
普通のリンクが私の力量では貼れません。



そもそも絵文字は?
…😲おっ!
反映してるみたいですね。よかった。

まぁ、だんだんですね。メンバー応援に一歩一歩。



これからはこちらも、しんどい時には、スマホ更新するかもしれません。

(…って、しんどい最中です…精神的ストレスも原因のひとつってわかってるんですけど…今、いろいろきつくて…)


でも、大きな穴があきっぱなしだった頃に比べれば、ずっと頑張れますね❗
新しい地図ができ、ホンネテレビがあり、森くん600勝があり…
うん、前向きになれます⤴⤴⤴

しかも、今日は~
「72時間ホンネテレビ未公開シーン&トレンド入りの瞬間7.2時間で全部みせますSP」

👏👏👏わーい

タイトル長いっ図(^m^*)

♪新しい別の窓♪初披露の様子が、また見られますね。




いよいよですね🎵
楽しみ(*≧∀≦*)





SMAP大好き
メンバー大好き

だーいすきーっ💕💕💕💕💕🍀




関連記事

     
ああ、もう、なんて言っていいか。

その瞬間大きな声で叫びたかった。



望んでいたし、どこかでそうなるような気がしていたし、でも根拠もないし
でもでもでも、ものすごく望んでいたし。。。


「日本財団パラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターに稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんが就任!」
日本財団パラリンピックサポートセンター「ニュース&とビックス」より
http://www.parasapo.tokyo/news/177/


感無量。。。。。

(ノ_<。)・゚。


昨年パラフェスに参加しました。
様々な感動で満たされた素晴らしい時間と空間でした。

私は不思議なことに、そこここにメンバーを感じていました。
上手く言えないんですけど、ぼんやりと姿を浮かべ声を聴くような。。。。。
それは、不在を悲しんだり悔しがったりというようなものでなく
(もちろん、その気持ちはあるのですが)
どちらかというと温かく優しい慈しみのようなもの。
メンバーはずっと応援していて…だから、この会場に思念だけでも参加しているような…
ええ、私の勝手な思い込みです。でも伝え聞きき、ニュースで見たパラ駅伝でのスマさんの姿をそこに見るような気がしたんです。

パラフェス側も大いにその想いを受け止め、ファンに返してくださいました。
イベント終了時、会場から出て行こうとする瞬間
かかったイントロを聴いて号泣しました。
「世界に一つだけの花」
続いてかかる「オリジナルスマイル」のイントロを聴いた時、私は悲鳴を上げてしまいました(…私だけじゃないぞ←照)
みんなで涙ながらに歌って踊りました。ダンサーさんたちもイベント終了しているのに一緒に踊ってくださいました。

私は障害児教育に数年間携わっていました。
自分自身が大変で、今はボランティアにさえ参加できませんが、無関心ではいられません。
そもそもSMAPがサポーターに就任したとき、とてもとても嬉しかったんです。
今回、また3人がサポーターに就任できて、戻ることができて、本当に嬉しかったです。

そして、もちろん、3人の傍らに2人の存在を感じています。



諦めなかった方々に心よりの感謝
ありがとうございます。
ありがとうございます。
ありがとうございます。









またまたTwitterで萌え爆弾が炸裂しましたね。
もうたまりません

何やっているの~って突っ込みたいような
あ~しあわせってかみしめたいような

投稿内容&タグ&投稿時間差
瞬間の萌えもハンパありませんが、じわじわ萌えもあなどれません。

各SNSも最高ですね~

そのことも書くつもりだったのですが、もう、おはようございますの時間です。
正直なところ、更新しようか迷ったのですが、どうしてもパラサポSPサポーター就任のことが書きたくて。



読んでくださってありがとうございます
拍手下さった方もありがとうございます。

さらに、アメブロの方にいらっしゃって下さった方、ありがとうございます。
アメブロ、今ひとつ使い方がわからないながら、アクセス数などデーターはかなり見やすいです。
そこで、いままで1、2人しか見てなかったアメブロ(多分)に80以上のアクセスがあったこと判明。こちらからお越し下さった方もいて感謝です。
そう思って、見直したら、リンクちゃんと貼れていないし(>_<);; それなのに、見に来て下さってありがとうございます。

リブログ更新がんばっています(^o^;)
よかったら見てやって下さい
アメブロ「晴れわたる。。。⇒ https://ameblo.jp/wa56-ringoro/


SMAP大好き
メンバー大好き
好きになって良かったっていつも思っています

      
関連記事

りんごろ

Author:りんごろ
 夢モリ時代から、一視聴者として、笑いと感動を、ずっと頂いてまいりました。無意識に。ごく普通に。
。。。そして'12年夏。ひょんなことから、スマ愛を自覚し、ファンの道を第一歩。踏み出してわかる、単なる「好き」とファンとの開き。さらに自分自身に起こる変化にも、ちょっと戸惑いぎみ(照)
 スマさんたち同様、スマファンさんにも感動&感謝することしばしば…SMAPファンになると同時に、スマファンさんのファンにもなったように思います。
 ちょっと(かなり?)ずれたところがあるかと思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。