2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

ここで書かないと…なんかこのまま書けなくなってしまうのでないかという危機感…
ヘロヘロな状態で、思いつくまま書かせて頂きます。

と、言いましても、まだ2部しか見てなくて…しかもKinkiのとこだけリピしまくり
もう、最初に見た時はぶわっと涙が出てしまいましたよ~(ノд`)・°。



昨日は仕事で、帰宅してテレビをつけたら最後のところでした。
わずかでもリアタイ&生中居君が見られたって嬉しかったです。
「見上げてごらん夜の星を」のオケ演奏(…それが何を意味するか、その時は深く考えていませんでした)
から一転、微笑む中居君と安住さんの言葉でエンディング。
二人の表情を見て、素敵な番組になったんだろうな~って、私は時間を共有できなかったけど、お疲れさま~っと言葉を心で送ったところで、中居君の
「また来年、音楽の日お会いしましょう」
を聞けました
来年は。。。来年は。。SMAP全員で


録画は、中居君の頑張りを最初から見たい気もしたのですが、いっきに観られる状況でもなかったので、第2部から見ました。

2部OP 中居君がピアノ どきどき… お~面白い。
「一つ一つの音が音楽になる瞬間を皆さんにお楽しみいただきました」と安住さん。
そういうコンセプト。なるほど~な演出でした。

おっNEWSいきなり「繋ぐ」で「青いイナヅマ」エピつっこんできた。いいの?←何の心配(爆)
うふふっ嬉しいな~ それに2TOPって響きにドキッとしちゃいました。

後でNEWSファンさんのツイがいくつか私のTLに流れてきました。中居君との共演を喜んでいたり、SMAPと共演したかったと言ってくれていたり…
そして、カミスンにテゴマスが出演した時のことがいっぱい流れてきました。気になったので検索してみたら…そのころまだNEWSがどうなるかわからなかった時だったんですね。
「あの時のこと忘れません」
そう呟いているNEWSファンさんたちがたくさん。.しかも映像を見ることができました(感謝)。この中居君の口調、言葉…なんか私まで泣けてきたぞ。当時のNEWSファンさんの心中を想うとなおさら。

平井堅さんのアクシデントの対応については、もう、私が触れるまでもないけれど…さすが中居君
キスマイとの絡みは安定ですが、あの短時間に全員にしゃべらせるその持っていき方がもうね。最高です。

千春さんと300人の合唱…胸に迫りました。
ツナグ
うん。繋ぐ。心をつなぐ。音楽がつなぐ。
。。。
そうですよ。
この番組の主旨。「新曲披露の場」じゃないんですよ。パフォーマンスのカタチじゃないんです。
「けど、お前の歌は力を与えるよなぁ、人々に」
ですよね、千春さん。
あっ、いや、いろいろはひとまず置いて、今はこの番組自体を心いっぱい「感じ」ます。


他にもまだまだ観どころありますが、やっぱりKinki
何かしてくれると思っていました。いえ、何もしなくても、二人がいるだけで中居君は特別な表情になるだろう…と期待していました。期待以上だよ~っ
もういきなり「繋ぐ」エピで
「これはもう中居さんとの仲を聞いた方が…」と安住さん。
エピそのものは周知の物ばかりですが、3人のしぐさと表情。たまらん。たまらん。たまらん。
なんか話し始めると、もう3人ワールドになっていくし
Kinkiの二人の中居君を見る目~中居君の笑顔~ (ノ∀<*)
「音楽の日で、もう終盤に入っているんですよ」アヅミンのつっこみ。まさにその通り。
でも、この3人のずっと見ていたいわ~

…って思っていたらさ、歌の途中で光一君、中居君に迫っていくし。
で、照れた中居君にもどれとジェスチャーされて引き下がろうとしたところに剛君がそっと、さりげなく促して、二人で中居さんを挟んで歌うって…あ~もう。
とうとう光一君、中居君にぺちってやられるし。ありがとうありがとうありがとう。

私の古い古い記憶…多分AD物語。あの印象が私のどこかに在って、この3人見るとじわってきてしまう。
ほんとね~笑いで「こんなちっちゃい時から」ってやっていましたが、気持ち的に、半分本気じゃないかな。中居君の中ではもう。
泣けてきちゃうよ。だから泣いちゃったよ。



まだまだ書き足りないことありますが…また夜も明けそうなので。
(見上げてごらん…のオケ演奏のこともふくめ、また書きたいです)

最後に、安住さん。
中居君のいいパートナー。二人の距離がすべてを物語っていると思います
だって、画面越しに見ると重なっているんですもの。二人の間があいてない(*´艸`)
中居君の相棒してくれてありがとうございました。

そして観覧に言った方が、スタッフさんの様子もツィートされてました。
「こんな素敵な人たちが作る番組だから…」

TBSさん、中居君と安住さんの司会で素敵な番組をありがとうございます。
もっともっと今回のことでは思うところあるけれど、何よりも感謝。
そして中居君と安住さんとスタッフの皆さま、あらためてお疲れさまでした。
来年も期待しています。





暑い日が続いてますが、ここを訪ねてくださる皆さんは大丈夫ですか
暑さはこれからが本番、水分補給して、睡眠しっかりとって、スマさん応援しながら乗り切りましょう
。。。。。って自分に言い聞かせています←あっ

おしゃべりしたいこといっぱいあるんです。
頑張らなくちゃです。
(いつも拙ブログに様子を見にきて下さる方、どうもありがとうございます)

SMAPだいすき
メンバー大好き
そして、今回の件で
「#スマの不十分なパフォーマンス」というタグを作り、作っただけでなくそれをトレンド入りさせてしまったスマファンも
大好き



関連記事
スポンサーサイト

【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【はっぴーさんへ】
こんにちは。ちょっとご無沙汰してました(>_<);;

関西は梅雨明けしたんですね。
実は、歴史が好きで(と言っても戦国時代ではなくてマイナーな古代史ですが)…数年前までほぼ毎年関西に行っていました。時には4泊5日だとか2泊3日の旅行を何回も組んで、トータルすれば1カ月近く滞在したことになるんじゃないかって年もありました。
京都の夏は長野の人間には甚だつろうございました(^m^;)なんてね。

「音楽の日」は素晴らしい番組でした。
はっぴーさんの言うとおり、主旨がありそれが一貫してぶれていないのが、心に響くところだと思います。

Kinkiのところはもうね~っ
二人の気持ちがもう…だから中居君も…あ~言葉が追い付かない。
3人まとめてぎゅう~っとしたいって思いました。
ええ、ご本人は無理だからテレビごと♪←止めてください。

記事では時間と体力的に限界で、書くのを諦めてしまいましたが、Kinkiファンの方々もとっても温かく…気持ちを一緒にして感動してくれましたよね。
KinkiがKinkiだから図書委員と呼ばれるファンの皆さんも素敵なのでしょうね。感動いっぱいでしたが…さらにファンの方のから「そうだったんだと」新たに思うところもあってますます感動しました。
第一部の感想も書けたら書きたいのですが、その時にKinkiファンさんのこともかけたら嬉しいなと思います。

私は弱い人間なので、あまり怒りや悲しみは言葉というカタチを与えたくないです。
そうすることで、自分が変な方向に行っちゃいそう。
スマさんたちが沈黙し、素晴らしい仕事を見せてくれるのだから、しっかり楽しんで堪能して…後はただ5人の一緒の仕事が見られるように、できることで応援していきたいです(*^O^*)

はっぴーさん、温かく素敵なコメントありがとう!!ございます。
【ばるさんへ】
ばるさん、こんにちは。
ご無沙汰してました(>_<);;
ちょっとへばってしまって情けないです。温かい言葉ありがとうございます。

音楽の日、素晴らしかったですね。
NEWSのエピソードは
加藤君が小学生の時、クラス皆で「青いイナヅマ」を歌って踊る機会があったと。それがあったからジャニーズに入ったかもしれないと話してくれました。
すると照れたように中居君、定番の自虐
「あれ、僕ほとんど歌ってないんですよ~」
って(笑)
(もしかしたら画像アップしているブログさんあるかもしれません)

そうですね~息子さんが歌うっていうのは独特ですよね♪
中居君は司会が上手いって言われますけど、技術的なことだけでなく、何よりもアーティスト(オリンピックやスポーツ番組だったらアスリート)への尊敬の念が、にじみでているんですよね。曲を聴いている中居君、拍手する中居君の表情や姿にじ~んとしますよね。
他にも見所いっぱいありましたね。リピリピしちゃいますよね。(*^O^*)

>フジと日テレ
その時も仕事がありましたので、録画しないと見れず…もちろん録画するわけもなく…です。

わ~機会があったら会って下さいますか?!(^O^)
嬉しいです。そのためにもスマさんにコンサートなりイベントなりして頂かなければ!
叶いますように。のんのん。

これからますます暑くなってきますね。ばるさんも自愛してくださいね。
温かく素敵なコメントをありがとうございますv
この記事へコメントする















りんごろ

Author:りんごろ
 夢モリ時代から、一視聴者として、笑いと感動を、ずっと頂いてまいりました。無意識に。ごく普通に。
。。。そして'12年夏。ひょんなことから、スマ愛を自覚し、ファンの道を第一歩。踏み出してわかる、単なる「好き」とファンとの開き。さらに自分自身に起こる変化にも、ちょっと戸惑いぎみ(照)
 スマさんたち同様、スマファンさんにも感動&感謝することしばしば…SMAPファンになると同時に、スマファンさんのファンにもなったように思います。
 ちょっと(かなり?)ずれたところがあるかと思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。