2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

     
大丈夫ですか?
食べていますか? 眠れていますか?

倒れちゃったら、きっと彼らは悲しみます。

私がスマ愛に目覚めかけ…でもいまいち自覚できてなかった頃…
暇さえあればSMAPのことあれこれ検索してた頃
感動したこと多々ありますが、その一つは
スマさんとスマファンの「両想い感」

(今、書きながらその時のこと思い出してじ~んとしてます)

だから、スマファンは彼らを大切に想うように自分をも大切にしなくちゃいけない。
そして、一緒に踏んばる。
SMAPと沢山のスマファン仲間さんと踏んばる。

…って自分にも言い聞かせています。
…って偉そうに聞こえたらごめんなさい。自己管理下手な自分が言うなって感じですね。
でもでも、スマ仲間さん。どうかご自愛くださいね。





拙ブログは、放置しがちで…いつもは、決まった方だけ見て下さっていると思われます(ありがとうございます)。
ところが、昨日はいつもの4倍アクセスがありました。
それだけ、皆さんじっとしていられなくて、Twitterや検索辿って見てくださったのだと思います。
私も同じです。ほんの少しでも時間があれば、すぐスマホ画面のを覗いていました。

もし、Twitterしてらっしゃらない方、お近くにスマ話をする方がいない方、感情の持っていき場がない方いらっしゃいましたら、コメント欄ご利用ください。
悲しみや怒り、辛さ、抑え込むより出した方がいい時あります。
私も書いているうちに気持ちの整理がついたり、自覚していなかった気持ちに気がついたりすることあります。
気がかりあれば「非公開」にチェック入れてください。人から見られることもありません。また、書きたいだけで返事がいらない場合はその旨書いていただければ、私も触れません。
もちろん前向きコメント、ヘタレな私に活入れ、大歓迎です。
(ただ、SMAPと関係ないコメント、誹謗中傷などマナー違反のある公開コメントは削除させていただくことあります)





そして上手く書けないんですけど…

スマファン仲間さんにお願い。。。。。というか、確認?

どうかどうか、ずっとご自身の中のSMAPを大切にしてください。
これからもずっと。
誰が何と言おうと、貴方が重ねた時間の中で見てきた
貴方の中のSMAPが真実です。

そして。。。。。

一般の方々、お茶の間の方々は
12月どころか、既に
「ありがとうございました」「お疲れさまでした」
って言葉を綴っています。
それは純粋な想いで、真心です。

でも、私たちはそれで終わりにするわけにいきませんよね。

12月末までの4カ月ちょっとの間にできること、しなければいけないこと。
それはそれであります。

さらに、その後も。。。。。ですよね。
むしろ、その後こそ。。。。。ですよね。
解散が既成事実になってからがしんどいと思います。
でも、そこで止まらない。諦めたくない。一緒に踏んばりましょうね。

(書きたいことたくさんあるんですが、時間がないのと、文章力追い付かないのと…涙)

今しんどい人は、その感情を否定せず抑え込まないでください。
スマ友さんや、フォロワーさんの中にも
「弱音はいてごめんなさい」「ネガティブになってごめんなさい」と謝っている方多いのですが、謝る必要全くないです。
感情の表出・表現方法は違っても想いは一緒。
想いは一緒です。
涙が止まらない方はいっぱいいっぱい流して下さい。
その思いごと大切にして、「いつか」エネルギーに変えてください。

「解散するのに、5人全員でジャニーズ事務所に残る」意味。

それが、語る場を奪われているスマさんたちの言葉じゃないかと思っています。
それが5人の選んだことではないでしょうか。





あ~上手く伝わったでしょうか。
私も必死なんですが、まとまりません。
Twitterにもそれ以外にも、ファンといっても様々な意見があるのだな~と思いまして。最後は未消化ながら、書かずにはいられませんでした。

ここまで読んで下さってありがとうございます
おやすまなさい。
     
 
関連記事
スポンサーサイト

【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【はっぴーさんへ】
思いがけないアクシデント(家族がらみ)がありバタバタしていて、すぐ返信できなくてごめんなさい。

はっぴーさんの涙、悔しさよくわかります。
スマさんを大切に思う気持ち、いっぱいいっぱい抱きしめてくださいね。それは、誰も冒すことのできないはっぴーさんのものです。


でも、「決まってしまいました」
これを変えていこうとする気持ち、今すぐじゃなくてもいいので持ってもらえたら嬉しいです。

変えられるかどうかわかりません。
でも、諦めたくないです。だから一緒に踏ん場ってもらえたら嬉しいです。

そうです。できることからしていきましょう。私も買います(*^o^*)
【ゆにぐまさん】
拍手とコメントありがとうございます。

ご心配ありがとうございます。スマごとというよりは、仕事の特別勤務形態のせいでしんどいですが、ここで倒れたら恥ずかしいです。
スマさんには大切なことたくさん学びました。
スマさんが大好き…だからこそ、自分を大切にしながら踏ん張りたいです。

長期戦、その通りですね。諦めないで踏ん張っていきましょう。

また、ブログの方にもお邪魔しますね。ありがとうございました。
【みぃちゃんへ】
いつもあったかい言葉ありがとう!です。
無理しているわけでなく、私がおしゃべりしたいのでお返事書かせてくださいね。

あっ、本名でなくりんごろの方をもじった呼び名なので公開していたとしても大丈夫ですよ~
(一応、心配しているといけないので書きますが、普段の私の生活は昼前に起きて午後から出勤、深夜に帰ってきて、だいたい日付が変わる頃夕食ってパターンが多いので、元々の生活がずれています。でも、特別な勤務形態のせいで体調崩しているところなので、自愛しますね)

本当、無理はしないよう気をつけますね。
↑に書いたように、スマさんが大好きだからこそ、自愛して踏ん張ります。先は長いし。

5人のスマスマ楽しかったですね~。そして心に響きました。
特に、ライブ。歌詞も、映像も。

オリンピックの中居君にも心が熱くなります。さすがの中居君です。でも…この人がどれだけSMAPを愛しているか。どれだけSMAPにこだわっているか。その心中を察すると。

諦められない。無理はしない。できることを一つずつ…ですね。
みぃちゃんありがとう。
【ばるさんへ】
お母さんの言葉に、こちらを思い出して下さってありがとうございます。
もしよかったら、これからもどんどん書いて下さいね。

ばるさんの思っている通りです。
今まで観てきたばるさんの中の慎吾君が本当の慎吾くんです。ばるさんが前半に書いて下さった慎吾君の姿を信じてください。木村君との関係を信じてください。SMAPを信じてください。

記事の矛盾はいっぱいあります。
記事を書いている人たちは「ビジネス」です。SMAPは「飯のタネ」です。
その言葉に揺らいで、暗示にかからないでくださいね。
暗示にかけたい人たちは、そのために私たちからSMAPを取り上げたんです。生のSMAPをみられたら何が真実かバレてしまう。だから極力5人でいるところを見せない。スマスマも音楽番組もそうです。
歌っている5人を見せたら、不仲説なんて誰が信じるでしょう。もし不仲だとしても、充分最高の仕事をできるじゃないかって、皆認めてしまいます。
だから視聴者からSMAPを遠ざけるんです。

> 一番気にかけていた慎吾ちゃんのことが邪魔だった?

いえいえ、むしろ「設定」として好都合だったんだと思いますよ。
邪魔どころか、話に信ぴょう性を持たせるために利用されたんだと思います。
1月以降、スマファンの中では、メンバーのうち誰が一番心配されていたかと言えば、担当を超えて慎吾くんだった印象があります。
私もそうでした。
だからこそ、「慎吾の乱」を先に週刊誌に書かせ、そして今回の記事に至ったのではないかと思います。話が具体的であればある程、人は信じやすいですよね。4対1の構図のせいで木村君はいまだに悪者だし。

文字で上手く伝わったでしょうか。私は、全く気分は害していません。
ばるさんはいかがでしょう。
後半否定されて嫌でしょうか。でも、私には前半のばるさんの中のSMAPこそが真実の姿だと思います。

嫌じゃなければ、またどんどん不安ぶつけてください。
そして、SMAPの終わりを「受け入れない」でもらえたら、嬉しいです。

できることやっていきましょう。
SMAP大好きだから。ずっと好きだから。

この記事へコメントする















りんごろ

Author:りんごろ
 夢モリ時代から、一視聴者として、笑いと感動を、ずっと頂いてまいりました。無意識に。ごく普通に。
。。。そして'12年夏。ひょんなことから、スマ愛を自覚し、ファンの道を第一歩。踏み出してわかる、単なる「好き」とファンとの開き。さらに自分自身に起こる変化にも、ちょっと戸惑いぎみ(照)
 スマさんたち同様、スマファンさんにも感動&感謝することしばしば…SMAPファンになると同時に、スマファンさんのファンにもなったように思います。
 ちょっと(かなり?)ずれたところがあるかと思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。