2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

     
これは「作り話」です。
言いたかったのは「作り話に揺らがないでくださいね。素人でも書けます」ということ。ところが文章力ない素人が書いたら、やたら長くなってしまって…
今、アップしてもいいのか悩んでいます。もしかしたら逆に傷ついたり、不快になる方もいるかもしれないと。
読んでいて何か嫌と思ったらすぐやめてください。

繰り返しますが、これは「作り話」です。だって取材してないですものね。



闇の人は焦っていました。
そうです。焦っていたんです。
今まで、自分の思う通りにことを進めてきました。
今回も、いつものようにやりました。圧倒的な力にものを言わせ、ことを運びました。

5人は頭を下げました。公衆の面前で。
その5人をファンや視聴者から遠ざけました。
そして、もっともらしい作り話を「これが真実」と、マスコミを使って世の中に「提示」しました。
いつもなら、これで終わりです。
いつもなら、勝手に噂は一人歩きし、作り話はやがて真実になる。それを待っていればよかったのです。

ところが事態は思うように運びませんでした。
闇の人の描いたストーリーでは、いずれ5人の存在は世の中から薄れ消えゆくはずでした。
そのための布石はあちこちに打ってありました。

ところが。
どれだけファンから彼らを遠ざけても、ファンは彼らを求めました。
求め続けました。
ファンは提示された真実よりも、自分の心で育ててきた真実を信じました。

公開処刑と揶揄される5人の謝罪は彼らが築いてきた信用とブランドを傷つけました。
誰が問題あるタレントに会社の生命線である商品を委ねるでしょう(※)
なのにスポンサー企業は下りませんでした。
だからさらに手を打ちました。闇の人はCMの契約を更新しませんでした。

テレビ局も完全に抑えました。
抑えたように思いました。
なのに、ざるの目からこぼれるように、何かが描いたものと少しずつ違うのです。

闇の人は焦りました。

ファンは相変わらず彼らを求め続けます。
それどころかファンクラブの申し込みは増える一方です(怒1)

あるテレビ局がメンバーをオリンピックのメインキャスターにしました。
加えて大型歌番組の司会にしました。(怒2)
その歌番組に5人一緒の出演依頼がありましたが、出すわけもなく思いっきりけりました。するとそれを視聴者の質問電話にそのまま答えました。
闇の人は慌てて、出演をけった(断った)理由を5人の責任にしました。

さらに。
彼らの代表曲がトリプルミリオンに向けて確実に売り上げを伸ばしていました(怒3)
闇の人は最初、タカをくくっていたのです。
いくらなんでも、トリプルミリオンは達成不可能。最初のうちは皆騒いでも、そのうち熱も冷めるだろう。
なのに、烏合の衆だったはずのファンはSNSで呼びかけあい「集中購買日」を設定し毎月買いだしました。
それに、レコード会社と店舗が協力し出します。
これが闇の人にとっては大きな誤算でした。
ファンが求めてもそもそものCDがなければ買えないのです。現に最初の頃は地方組は地元で買えず、ネットショップは在庫切れでした。それが今では、ファンのごとく熱い想いで売る店舗続出。
このままでは、まだ(CDでは)誰も成しえてないトリプルミリオンを達成してしまうかもしれない。

トリプルミリオン。
つまり5人は歴史から消せない存在になる。

闇の人は焦りました。
もちろん、こうなるまで指をくわえて見ていたわけではありません。
あらゆることをしたのですが、ファンがしぶとい。ファンが。。。。。
ああそうか、全ての元凶はファンだ。
そこで闇の人は「解散」という伝家の宝刀をぬきました。

オリンピック期間中? メンバーがあるテレビ局のメインキャスター勤めてる?
それがどうした。そのメンバーに依頼した方が悪い。
パラリンピックのサポーターも変えればいいし、彼らの信頼が堕ちるなら好都合。
日本にいないメンバーがいる? それがどうした。記事書く時の餌になるからこれも好都合。
お盆期間中でレコード会社が休み? 知るか。古いCD増産したのはあっちの勝手。
ファンクラブの申し込みも中止。更新手続きも中止(※)
もうJwebからグループの名前消してしまえ。一刻も早く。
いくらなんでも12月までにはトリプルミリオンは無理だろう?
これで清々する。

さて、そこで闇の人は考えました。
今度は誰を「提示する真実」の主役にしよう。
作り話は具体的であればあるほど、信じられやすくなります。
嘘の中にちょっぴり真実が混ざれば、尚更よい。



(゚ε゚,,)「やべーぞ、このままだと慎吾が解散の原因になる。4対1はもう避けたいな」
(゚ー゚) 「ん…多分、しんつよはセットで書かれるはず…あと吾郎に話してみるか」

(その後(゚ー゚)と(¬_¬))
(¬_¬)「えーできるかな。二人につく設定は構わないけど…」
(゚ー゚) 「お前ならできるよ。広報担当だろ。 文才もあるし、スマ進の「小説」の時良かったじゃん。あっ「脚本」の時もやらかしてくれたよな。 人としゃべるの得意だしさ、言葉よく出てくるし」 

それから(¬_¬)さんが、その卓越したコミュニケーション能力をいかに使ったか知るよしもありませんが、主に発表された「5人の言葉」から受ける印象により、報道初期には「下3人パリピア」VS「30年不仲説2TOP」という不思議な構図が出来上がりました。
さすがに闇の人もこれはまずいと思い、追加「情報」という名の追加「設定」をどんどん流しました。

今のところ「解散」の威力は凄まじく
世間一般はグループの「終わり」を衝撃を受けながらも受け入れています。

ただ闇の人はわかっていません。
彼らは人間です。
彼らと仕事をしてきたのも人間です。
彼らを見続けた視聴者も、彼らを愛したファンも人間です。
人間には心があり、意志があり、愛情も誇りもあります。
それは理屈や損得では抑えきれないものなのです。

好き。大好き。ずっと好き。。。。。





いかがだったでしょう。大丈夫でしょうか(>_<);;
ここまでお付き合いくださってありがとうございました

(※)実際企業アンケートが行われニュースになっていました。
(※)上記作り話はともかく…ファンクラブ新規入会申込みが中止になるのはわかりますが、今現在入会中の方の更新が受け付けてもらえないそうです。「例え会員特典はなくても、せめて最後の日までSMAPファンの一員として過ごしたい」そう願っても、今のままでは契約が切れてしまう人が出る可能性があります。それっておかしいですよね。最低限何とかして欲しい。



あっそうか、作り話だから「その後」があってもいいんですよね。
もしよかったらおつきあいください。


彼らを求める声が止むことはありませんでした。
CDは廃盤になることなく売れ続けました。
彼らと仕事をしたことがある人は、彼らとまた仕事をしたいと言い、彼らと仕事をすることを目指してきた人も、その夢を諦めることはありませんでした。その中には、彼らの後輩もいました。
5人そろった彼らを知っている人はそのことを語り続けました。

「彼らは一人一人も凄いけど、5人そろったら特別。それは奇跡だと思う」

トリプルミリオン達成には、それほど時間がかかりませんでした。
達成間近になるとか注目度も上がります。
誰もが歴史的なその時を、今か今かと待ち望んでいました。
そして、そのニュースが流れるのと同時に発表されたのは…「再結成」。

再結成のコンサート
ドームいっぱい響くは『世界に一つだけの花』


その頃闇の人は…いっそ闇の人じゃなくなっているとよいですね。
 
   
関連記事
スポンサーサイト

【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【みぃちゃんへ】
沢山、前向きなコメントありがとう(^O^)

うん、うん、私も言霊ってあると思います!
だから↑でも、その後を書いたんです(*^_^*)

わかってくれる人はわかる。
でも、大多数のファンでない人たちはメディアをそのまま受け入れてしまうから…
しずつでも事実がなさせる機会を逃さず、一般の人たちに伝えていきたいですねv

つぶやき大歓迎です。ありがとう!ヽ(´∀`*)ノ

【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【ばるさんへ】
お返事が遅くなり大変申し訳ありませんでした。
お返事したく気持ちは焦りましたが、諸々の限界がきてしまい、お時間頂いてしまいました。本当にごめんなさい。

そして…
必死にばるさんを励まそうとしていた自分。それが勘違いからとなると…恥ずかしいっ。すみません。
揺らがないで下さい~大丈夫です~って夢中だったんです。ご容赦くださいね。

慎吾君、このような中、スマステ生放送。どきどきしながら見守っていましたが、「休みません」の言葉もありましたね。

私のことも心配下さってありがとうございます。
いろいろいたらないことだらけで情けないですが、無理せずがんばります(*^_^*)
ありがとうございます。
【rootさんへ】
またこちらを見てくださること願いながら、書いております。
実は、↑この2つ前のコメントはrootさんあてのお返事でした。
何を勘違いしたか…公開しない設定になっていました。
今、やり直そうとしたのですが、できませんでした。
なので、こちらに再度載せさせていただきます。(22日時点でのコメントとしてご覧いただけるとありがたいです。さらに終わりに、ちょっとだけ追加コメさせていただきました)

‐‐‐‐‐


rootさん、お返事が遅くなり大変申し訳ありませんでした。
沢山の話ししたく気持ちは焦りましたが諸々の限界がきてしまい、お時間頂いてしまいました。本当にごめんなさい。
またお越し下さってとても嬉しかったです。

こちらこそ、中断したにもかかわらず見つけていただけてとても嬉しかったです。私の方こそ幸せです。

揺らぐのは当然です。
全然「矛盾」していませんよ。SMAPを想う気持ちに変わりなく、様々な状況によって気持ちが「変化」したんだと思います。恥ずかしいことじゃ全然ありません。それだけ真剣に想っている証だと思います。
私も根幹の自分の気持ちは固まっているのですが、感情の方はそうはいかず…中居君の言うところの「わさわさ」してしまいます。落ちつかないですね。
他の記事のところに書きましたが、気持ちを整理するためにここのコメント欄ご利用くださいね。
いろいろな情報を自分の中に入れるだけ入れて貯めこんじゃうと大変です。時にご自身の気持ち出して下さいね。気兼ねなく(お気軽に)書いて頂いてかまいません(*^_^*)

私がお返事する前に、メンバーラジオやスマステがあって、また様々なこと感じられたかもしれませんね。でも、一応、書きこんで頂いたことを元にお話し続けますね。本当にお返事遅くなってごめんなさい。

> 誤解されてしまう

これが一番嫌ですよね。
特に私はパラリンピックのことが一番心配で辛かったんです。万が一人間関係に何かあったとしても、仕事を放り出す無責任な人たちでは決してないのに。
プロ意識と人に心を添わせる優しさのカタマリの人たちなのに。
でも、パラリンピックの携わる方(日本財団)には、スマさんがどういう人たちで、今回のことがどういうことになっているのか、わかって頂いていると感じました。コメントのタイミングや内容を読むと、そう感じます。

伝わるに人には伝わる。今、誤解している人にも、いずれわかってもらえる時がくるかもしれない。
そのためにもスマさんの歴史を終わらせることはできない…なんて思うんです。

そしてあきらめない限り、歴史は続いていき可能性はなくならないと思います。
「再結成」どころか年末までに、何かが起こる…そんな奇跡もあるかもしれませんよ。
なぜなら、奇跡はめったにめったに起こらないから奇跡と言いますが…めったに起こらないことが起こるからこそ「奇跡」という言葉は存在するんですものね。SMAPには何が起きても不思議でないグループだと思います。

お互い、がんばりましょう!(^O^)

‐‐‐‐‐

今週のスマスマいかがだったですか?
私は楽しみました。萌えツボもありましたし、歌についてはしみじみ堪能しました。
その前の冒頭のコメントには、胸迫るものがありました。奇跡を願いつつ、番組は精いっぱい応援し、楽しんでいきたいと思います。
o(^O^)o
この記事へコメントする















りんごろ

Author:りんごろ
 夢モリ時代から、一視聴者として、笑いと感動を、ずっと頂いてまいりました。無意識に。ごく普通に。
。。。そして'12年夏。ひょんなことから、スマ愛を自覚し、ファンの道を第一歩。踏み出してわかる、単なる「好き」とファンとの開き。さらに自分自身に起こる変化にも、ちょっと戸惑いぎみ(照)
 スマさんたち同様、スマファンさんにも感動&感謝することしばしば…SMAPファンになると同時に、スマファンさんのファンにもなったように思います。
 ちょっと(かなり?)ずれたところがあるかと思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。