2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

     
 
もう、皆様ご存知かと思いますが
でも、今一度、感謝とともに「このこと」をかみしめませんか?



SMAP「世界に一つだけの花」3ミリオン認定、出荷300万枚突破
(クリックして頂きますと「Music Voice」の記事にとびます)


あくまで出荷枚数による日本レコード協会の認定ですが、励みになりますね。
ビクター様 ありがとうございます

私たちがどれほど買いたくても、そもそものCDがなければどうしようもないこと。
日々新譜も出る中、「世界に一つだけの花」の生産ラインを確保して下さること、心より感謝ですね。

折しも9月9日の発表。
これには、「運」も良かったとのこと。
この日本レコード協会の認定発表は、毎月10日行われているそうです。
今月10日は土曜日なので、9日の発表になったとのことです。

ん?????

もしかして?????

ここで妄想族の私は考えます。
素人の私はこういう認定があることも知らなければ、発表日なんてチンプンカンプン。
でもビクターさんなら。。。。。

「オリコンでの総売上げ数では9日に300万枚到達するのは難しい。
『25周年に300万枚の花束を』贈ることはこのままでは不可能。
ただ、出荷枚数でなら300万枚は可能だし、認定されれば9日発表になる…
SMAPファンは必ず達成してくれるはず。
ならば、売上に合わせて順次増産するのではなく、『この日』に間にあうよう、いっきに増産してもいいのではないか」


そう考えたビクターさんが、作れば必ず買うというスマファンへの「信用」…そして「想い」もあって、自ら花束を作ってくれた…りなんか、しちゃったりして…?????

考え過ぎでしょうか。
まぁ、妄想はよけておいても。
ビクターさんが、この日に間にあうように花束を出荷してくれたのは事実。
本当、詳しいこと全くわからないんですが、ビクターさんが「レーベル」とか「製造工場」を持っているとか、そういうこと一つ一つがこの花活動にとって有利に働いているとのことです。
※後日注
アップ後、確認できました(うろ覚えだったので、いざ調べようとすると難しく…汗)。
「世界に一つだけの花」の原盤権、著作権はビクターさんにあるとのことです。「原盤権を持っていれば、たとえアーティストが移籍した後でも、その原盤権をもとにCDやレコードの販売が可能」だそうです。
もちろん収益についても、ビクターさんに入るので心置きなく購入していいのだそうです♪
ありがとうビクターさん!



もう感謝感謝です。


私、あの25周年の印刷したはがき、ビクターさんにも出しました。
9日に届くように。
でも、また書こうと思います。


「25年 SMAPとともに歩んで下さってありがとうございます」


そして、これからも少しずつでもお花を摘み続けます



《宛先》ビクター(ビクターエンタテインメント)
⇒ 〒162-0842 新宿区市谷砂土原町2-7 TK第一ビル4F ビクターエンタテインメント お客様相談室 御中










ところで…Twitterでもつぶやきましたが、一つだけ違和感感じていることあるのです。
違和感というか、抵抗感でしょうか。
「○○の記録超えます」 ←この表現にとても複雑な心境になります。
水を差したいわけじゃないんです。でもっ

私は、ただただ、5人に笑顔でいて欲しくて…
25年のその歩みに感謝と祝福をしたくて…
溢れる気持ちを300万枚の花束に託したくて…
微力ながら「花を摘んで」います。

この花活動には、他アーティストファンさんも、たくさんたくさん協力して下さっています。
その中には、様々な想いを抱え「それでも…」と購入して下さった方もたくさんいます。
自分が応援しているアーティストさんが新譜を出したばかりだけど、そちらを1枚多く買うより花を優先しくてくださった方。
歴代売り上げランキングに名前のあるアーティストのファンだけど、やはり何かしないとと思い、花を購入して下さった方。
特にあの1月の混迷期。
それがどれだけ心に響き、励まされたことか。

お名前出していいのかためらわれますが、一つの例として。
サザンファンさんの中には、はっきり「記録」を意識されながらも購入しましたというツィート複数…それもかなり見ました。そして、サザンさん本人たちもコンサート等でエールを送って下さいました。
300万枚を目指していく過程ではそういうことも忘れず、心から感謝していきたいと思います。
(もちろん、他アーティストファンさんにもです)




じ…実は、今回の題名「ビクター様の愛 ローカル書店チェーン店の愛」という題名だったのですが、地元書店の話を書く前に限界が…おしゃべりしたいこといっぱいあるのに…っていつもいつもこればかりですね(^o^;);;

今の状況は、はっきり言って辛いです。
「ドッキリでした」ってことにならないか…そんなわけないとわかっていても、真剣に願ってしまうほど辛い。
でも、一方で
やっぱりスマファン・スマヲタさんすごいな~
人ってすごいな~
って嬉しくて、楽しくて、感動してしまうことも多々ありますね

それでは。
季節の変わりめ、皆さまも体調には十分お気を付け下さいね
自愛しながらスマ活頑張っていきましょうo(^O^)
。。。。。私は、もう、今年はぐちゃぐちゃです(爆) 猛省中です。


スマさん大好き

ありがとうございます
     
 
関連記事
スポンサーサイト

【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【はっぴーさんへ】
こんばんは、はっぴーさん(^O^)
コメントありがとうございます。

もう、ビクターさんには感謝しかありません。

あ、自社レーベルじゃないことがいいんですね(^_^;)もう、本当に物知らずでごめんなさい(^_^;);;;
レーベルについては調べたのですが、読んでもチンプンカンプンで…。でも、今日、改めて調べたら、著作権と原盤権のことがわかりました。追記しておきました。


中居君は…中居君だけでなく、メンバーは皆裏側なんて見せたくなかったと思います。
中居君は、SMAPを命懸けで守るけど、「チャックを開けるな」という人。
木村君は、いつだって矢面に立つエース。真っ先に飛び込んで行く人。
吾郎さんは、誤解されることを厭わず、自分たちをファンタジーという人。
剛君は、陽だまり、皆に笑っていて欲しい人。
慎吾君は、テレビの嘘が大好きと言い、「悲しくても笑ってもいいかな」と問うた人。

だけど、昨年、飯島さんが辞めた時に覚悟はできていたんじゃないかと思います。
少なくとも年末には。
それが、スマショ来店であり、紅白であり、CDTVではないかと。
どうしたって自分たちだけでは方がつけられないから、ファンへのメッセージ(愛)をこれでもかと送ってくれたのではないかと思います。

妄想たくましく言えば、ファンにも一緒に泥をかぶってもらおう(戦ってもらおう)と、今は思っているのではないかと。
スマさんたちが、その気になれば、笑顔で終わりにすることはできる人たちだと思います。気持ちはどうあれ。
多くのアイドルのように、さよならコンサートを開き華々しく。
でも、ファンが、視聴者が、声を上げたから…
自分たちも嘘はつけないと。別れの言葉は言えないと。

この騒動そのものが、私はスマさんの意志であり「拒否」という答えと思います。
もちろん騒動を起こしたくて起こしているのではなく、解散を押しつける側がいるから、騒動が起きるのですけど。

…と私の考えを、妄想込みで長々書いてしまってごめんなさい。
大丈夫ですか。

繰り返して言っていいんですよ。
繰り返すってことは、それだけまだ胸の中でおさまっていないということでしょうし。
ちなみに「公になった」ことに関しては、前にちょこっと書いてくれましたが、今回のような切り口では初めてですよ。

あっ、ブログないでも時々書いてますが、私もおばちゃんですよ~

Twitterは見て欲しくない…というのはどうしてでしょう。
良かったら意見聴かせてもらえますか?
私は、最近Twitterしているファンの方と、していないファンの方の「温度差」「壁」をすごく感じています。
それは、ブログで両方のファンにかかわっている人は皆感じているようです。私も少しでもその橋渡しができればと思うのですが…いかんせん文章力と体力に限界を感じます。

確かにいろいろな意見が溢れていますが、少なくとも…いえいえ、すっとずっと、ヤフーなどのネットニュースやそのコメント欄より愛があふれていると思うのですが…
見て欲しくないと思ったのはどうしてか、教えて頂けたらとても嬉しいです。

↑だからと言って、お返事書かなくちゃと無理しないでくださいね。
こうして、「繋がってくれる」こと、とても嬉しく思っています。
書きにくかったら、スルーして、テレビの感想でも何でも気軽に書いて下さいね(*^O^*)

上手く言えないのですが、「一人にならないで」それが、Twitterもしているブロガーさん同士で思っていることなんです。
この記事へコメントする















りんごろ

Author:りんごろ
 夢モリ時代から、一視聴者として、笑いと感動を、ずっと頂いてまいりました。無意識に。ごく普通に。
。。。そして'12年夏。ひょんなことから、スマ愛を自覚し、ファンの道を第一歩。踏み出してわかる、単なる「好き」とファンとの開き。さらに自分自身に起こる変化にも、ちょっと戸惑いぎみ(照)
 スマさんたち同様、スマファンさんにも感動&感謝することしばしば…SMAPファンになると同時に、スマファンさんのファンにもなったように思います。
 ちょっと(かなり?)ずれたところがあるかと思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。