2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

     
10月17日 放送される前から…
なんと言いましょうか、胸に詰まるものがあって…

15年ぶりに再集結されたイエローモンキーさんと
再結成後に出された歌(※)を
あと2カ月余りで解散と発表「された」スマさんたちが歌う

もうそれだけで…

しっかり見ようと画面を見つめる。
カウントが始まる。
曲が流れる。

メンバーが映る。

…あぁ

その瞬間、胸を熱くするものだけでなく、萌えと煩悩までも爆発。
剛君が映る
中居君が映る
吾郎さんが…
剛君が映った時点でズキューン
間髪いれず中居君が映って連続ズキューン
吾郎さん映る頃にはズキューンの連射モード

かっこよさにしびれる。
たまらんよ、全く。

人間て本当に複雑
どんな時でも、萌えと煩悩は健在なのですね。

初見の時から
激しく視線は画面を走り
萌えてきゃあきゃあ 煩悩ぐるぐる
耳に届く歌詞に
心は熱く 涙がじわっと

あれ、心が苦しいくらいに揺さぶられるのは
このシチュェーションと歌詞のせい?
それともスマさんとイエモンさんたちがかっこよすぎるから?

混沌とした感動の中
ただただ激しく心が揺さぶられ、あっという間に突き抜けた時間でした。


そのご何度もリピ。
その時々、胸にしみて泣けてしまったり
スマさんたちのかっこよさに悶えたり

曲に入っている木村君は、魅力全開
しなる躰、その曲線
腕、手、腰、顎…色気と無邪気が交差する。
華がある。輝きがある。瞬間距離を縮める迫力がある。
ドラムに近寄りマイクを撥に見立て体全体で表現するのは初見の時も目を引いたけど
画面のどこにいても、木村拓哉はいつでも最高

画面に映るトップバッターだった剛君
その時は言葉もなく打ち抜かれたけれど、後から知覚する「兄貴」モード
この時の剛君には派手なジャケットも魅力を引き立てるアイテムの一つに過ぎない
伏せる目、彩られる影に、感じる「男」
吉井さんと向かい合って歌う時
胸熱の歌詞とかっこいいビジュアルと…もう何が何だか…ただただ感動

吾郎さんは奇跡
やっぱりSMAPに吾郎さんがいるのって凄いこと。かっこよさに幅と深みが出る。
伏せた目線をカメラ目線に、上げていた目を伏し目に
たったそれだけの視線チェンジでさえ、くらくらする。
強烈なリズムに品を加える。美しさで終わらないしなやかな強さ。
誰もし難いことを息するように自然にする。その姿にめまいする

慎吾君がかっこいいのはわかっていた
こういう曲は特に似合うもん。世界そのもの自分のモノにしてしまうもん。
でも、寄せられた眉、力強い歌声、マイクを握る腕…
どきどきする。いつもよりもどきどきする。
かっこいいだけじゃない。
なんだろう、今日の慎吾君には強い「意志」を感じたのは気のせい?

…と初見の時に思いました。
後からバングルのことを知りました。「木村君と同じバングル」
無責任なあれやこれやに沈黙を貫く彼らが送る、無声の言葉。

「ひとつに集めて」と歌い、立てた指を突き出した中居君
「月日は流れて」からここまで吉井さんとのマイクリレーが、もう…
もう、もう、胸にぐいっときて言葉が見つからない。
「タイマーを回して」の時もふっとカメラに向く。
いや、その前に、バラ色の日々の第一声も印象的だった。
いつもは、大胆で繊細なダンスパフォーマンスが心に残るのだけど…
私自身、中居君が踊る姿を追うのが大好きで、後ろに下がったった時もかなり印象的な画があったりするのだけど…
でも、今回は。
歌っている時の声、表情、姿に全部持っていかれた。
その瞬間瞬間が歌詞とともに、脳内リフレイン


ダンスパートもたまらない
悲鳴ものでした。もう、私の乏しい語彙が追い付かない。
振りが最高。
もう、いちいち、いちいち、いちいち、かっこよくて
力強くて、美しくて
時に切なくて。


そんなスマさんを観ていると、絶叫したくなります。

いけないっ! この5人を離しちゃっ!
その時になったら、いつまでも待つつもりだけど…でも、その前に
空白の時間を耐えたくないよーーーーーっ

(5人が何にも縛られることなく選択し決断したなら別ですが)


一人一人魅力的。
一人一人で十分成立する。
そんなのわかっている。そういう問題じゃないんだ。
5人でいる時の一人一人もたまらない魅力。それを失うなんて嫌。
まして
「バラバラな個性」と書いて「絶妙な調和」と読むようなSMAP。
SMAPは。。。。。他にない。
壊しちゃいけない
離しちゃいけない

どうか。。。。。





※「ALRIGHT」
再始動の想いがこめられた曲。詞ひとつひとつが、胸に刺さりましたね。
この曲のことは事前に知りましたが、放送後に「バラ色の日々」も背景のある曲だと知りました。
詳しくないのではっきり書けませんが、15年の長い休止の前に9か月間の休養期間があり、その期間が開けた時の曲だそうです。さらにWikiによると、「吉井曰く『THE YELLOW MONKEYとファンのテーマソング』」だそうです。
こちらの曲も、歌詞を聴いていると、ぐっと胸に迫るものがありますよね。
この2曲を今のスマさんと歌いあげてくださったこと、ただただ感謝です。ふた組の想いが見事に重なった結果が、あのパフォーマンスだったと思います。


さらに覚え書きしておきたいのは…
スマスマ終わってから、イエローモンキーさんのファンの皆さんの言葉が、とても温かかったこと。
Twitterでモンキーファンさん(イエモンという呼び方を好まないファンさんもいらっしゃるようです)とスマファンとのやりとり読んでいて、再度、感動してうるうるしていました。

その流れで、モンキーファンさんがツィしてくれました。
ラジオでスマスマについて話が出た時「愛がたくさんあふれてましたね、現場も」とおっしゃっていたそうです
教えて下さって感謝です。



S-LIVEだけでなく、レスリング女子ビストロも楽しかったですね
普段見られない選手の皆さんの「女子」の姿も可愛かったですが、そんな彼女たちに寄り添う、照れ混じりのスマさんたちの姿に、うふふのふ~っ(*´艸`)





ここまでご覧くださってありがとうございます
実は、昼間、出勤前にものすごい状態でアップしました。
お昼から~今(25日早朝)までの状態をご覧になった方はご存知かと思いますが、目も当てられないという状態で…大変申し訳ありませんでした。
その文章の時、慎吾君の「意志』のところには「覚悟」という言葉でした。慌てて打っている中でこの言葉を入れたのですが、自分の気持ちと少しずれがあると違和感を覚え、今回訂正しました。

その状態で拍手下さった10人の方
改めてまた見にきて下さった方有難うございます

それではいつもの言葉で締めたいと思います。
心をこめて。。。。。

SMAP大好き
メンバー大好き
ずっとずっと好き
     
 
関連記事
スポンサーサイト

【楽しみにしています】
はじめまして。
S‐LIVEの感動が何倍にもなって甦ってくるようなレポをありがとうございます。泣けてきました・・・。
続き楽しみにしています!
【なのぴーさんへ】
なのぴーさん、はじめまして(*^-^*)
コメントありがとうございました。

溢れる想いを言葉に託すのは、とても難しいです。
「感動が何倍にもなって甦ってくるようなレポ」と言っていただけて、どれほど嬉しかったことか…ありがとうございます。
その言葉に励まされ、書きあげることできました。

今週のスマスマも笑顔があふれて楽しかったですね。

よければ、これからもよろしくお願いします。
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【はっぴーさんへ】
おはようございます。
コメントありがとうございます(*^_^*)

>大人の色気と凄み

まさに、まさに!! 最高でしたね~。
でも、やっぱり、スマさん自身の曲で歌い踊るメンバーを観たいですね。

私もBIRDMAN購入したんですが、まだ観れていません。
11月には何とか時間と体力気力を生み出して、堪能したいと思います。
この記事へコメントする















りんごろ

Author:りんごろ
 夢モリ時代から、一視聴者として、笑いと感動を、ずっと頂いてまいりました。無意識に。ごく普通に。
。。。そして'12年夏。ひょんなことから、スマ愛を自覚し、ファンの道を第一歩。踏み出してわかる、単なる「好き」とファンとの開き。さらに自分自身に起こる変化にも、ちょっと戸惑いぎみ(照)
 スマさんたち同様、スマファンさんにも感動&感謝することしばしば…SMAPファンになると同時に、スマファンさんのファンにもなったように思います。
 ちょっと(かなり?)ずれたところがあるかと思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。