2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

     
 
ひと言でもご報告に来たかったけれど。。。。。いえ、来るべきだったと、時間が経てば経つほど思いました。

ただ
あのイベントを
あの時間を
あの溢れ交わる混沌とした想いのうねりを
報告できる「ひと言」が見つからず

それだけ最高のイベントでした。



日本財団さんのニュースを載せさせていただきます。
当然かもしれませんが、この記事自体にSMAPの文字はなく、画像で「SMAPの香取慎吾」の壁画に触れてあるだけ。
でも、うん、私は会場のあちこちに、競技のデモンストレーション中そこここに、スマさんの姿を見、気配を感じていました。
「本当だったら、スマさんたちも…」「きっと、スマさんたちも…」そういう残念な気持ちや悔しさもたくさんあります。
それと同時に、何でしょう。
スマさんたちはパラサポのお仕事で、本当に素晴らしい出会いをし、最高の仕事をし、最高の時間を過ごしたんだな~と思いました。
だからこそ、また残念で悔しくもなるんですが、そのそばから、またなんともいえない熱い想いや優しい想いがこみ上げてくるんです。無限ループ。それは悔しさや残念な気持ちさえも飲み込む大きくて強い気持ち。心。意思。

今は詳細な感想を書けませんが、こちらの記事にスマさんの気配や心を感じていただければうれしいなって思います。
もちろん、そう思うのは全く私の個人的な妄想に由来したものかもしれませんが。

【パラサポNews】音楽を通してパラリンピックをもっと身近に。パラフェス2016で5000人の観客が熱狂


ところで、「妄想」という言葉の意味について、スマ友さんと話していてあまりに違っていて、ちょっと(かなり?)怖くなってしまいました。
私自身は、「事実」「真実」「妄想」をそれぞれ分けて使っていて、さらに「事実」「真実」に対して「妄想」という表現を選んだつもりでした。
たった一つ、誰が見ても変わらないもの、それは「事実」。
コナン君に否定するわけではないけれど(笑)、「真実」は一つではなく、人の数だけ存在するもの。見る人が変われば(立場や価値観によって)、変わるもの。でも、当人にとって揺るぎない現実だからこそ、人の数存在することになる。
そして「妄想」は人の「こだわり」が生んだ想像に過ぎない。日常生活ではあまり使いませんが、スマさん関連の自分の想いに対し、多用していたと思います。多用どころか、ほぼ全部。それは、私がSMAPにいかに囚われているか自覚し意識しているため。
ところがスマ友さんと話していて、不安になり意味を調べて…うむむ~っ

少なくとも私は真実だとは思っていません。一方で、全く根拠もなく想像しているわけでもないのですが…
今まで、伝わっていたでしょうか。う~む。

…って、ずいぶん長々書いてしまいました(^o^;);;


ここで閉めようと思ったら、オリコンさんが記事をアップされていました。(時間見たら、数分前に更新されたばかり)

“パラフェス”がSMAPファンに粋な計らい

ちなみに私は世界のイントロ聞いた時点で悲鳴を上げ号泣。
オリスマでは泣き笑いしながら歌って踊ってフーッしました。オリスマで終わらせてくれたことに感謝です。笑顔で終われたので。





皆さん、お元気でいらっしゃいますか。
先日は、ものすごい寒気でびっくりしましたね。気候も安定してなくて、体調や情緒も不安定になりがちですよね。
私は、一番忙しい時期に無理矢理時間をねじ込んだしわ寄せが来てまして、借金ならぬ「借時間」をしているような感じです。しかも多量に(>_<);;
早く返しきりたいのですが、まだまだ片付きません。不安で押しつぶされそうです。
そんな中、Twitterではパラフェスについて自分の言葉でいくつか発信できましたが、こちらには書けなくて。そのことが↑にあるように、どんどん自分の中で大きくなってしまいました。
やっぱ、ここは私にとってホームなんですね(*^ー^*)こちらを見に来てくださった方に、お話ししたかったのです。

最高でした

今はきゅうきゅうしていて、詳細書く余裕がありませんが、パラサポで受け取ったものは、少しずつでも、これからずっと発信し続けていきたいと思います。

いつもありがとうございます
それでは、また今日も
SMAP大好きーっ
メンバー大好き
これからもずっとずっとSMAP
     
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















りんごろ

Author:りんごろ
 夢モリ時代から、一視聴者として、笑いと感動を、ずっと頂いてまいりました。無意識に。ごく普通に。
。。。そして'12年夏。ひょんなことから、スマ愛を自覚し、ファンの道を第一歩。踏み出してわかる、単なる「好き」とファンとの開き。さらに自分自身に起こる変化にも、ちょっと戸惑いぎみ(照)
 スマさんたち同様、スマファンさんにも感動&感謝することしばしば…SMAPファンになると同時に、スマファンさんのファンにもなったように思います。
 ちょっと(かなり?)ずれたところがあるかと思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。