2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

     
 
日付変更線をまたぎ数時間経ってしまいました。
誠に遅ればせながら。。。。。


稲垣吾郎様

お誕生日おめでとうございます。


凄すぎて時に笑っちゃうくらいの二次元的美しさ
みんなにつっこまれながら浮かべるくしゃっとした笑顔
何をやっても損なわれない「品」
何気なく話す言葉の秀逸さ

吾郎さんが当たり前のように重ねてきた努力の賜物

「美しい」吾郎さん

吾郎さんが
吾郎さんの感覚で大切にしているもののように

大切な時間が
これからも
ひとひらひとひら重なっていきますように。。。。。





あの時。
2月のあの時。
どれだけ私は、私たちスマファンは、夢空間に現れた王子に救われたことでしょう。

もう、恋音初日から、ネット上がきらっきら ハート飛びまくり
PC画面から溢れる幸せ感
揺さぶられる感情そのままに転げ回ろうかと思っちゃいました。
笑いながら…泣きながら…

そして迎えた観劇の時
きっらきらの夢ワールドに誘った王子が
「現実」に私たちを送り出す挨拶の時に言ってくれたのです。

「こんなふうに毎日楽しい舞台をやれて幸せです。
明るい未来を迎えたいですね。歪んだ未来は嫌ですから。

(↑舞台の内容にリンクさせた言葉です)
20年、30年先も舞台に立って皆さんとお会いしたいと思います」

。。。。。


その言葉に何度もうなずきながら想う

これからも吾郎さんに会いたい。
これからもSMAPに会いたい。

初日にはなかった未来を語る言葉で締めるようになった吾郎さん(※)。
当時の私の全くの憶測ですが、客席の反応を見て…ファンの心を受け止めて…
そうなったいったのではないかなと。
一度目はたまたまのチョイスでも、それからは
「また会いましょう」って。

そんな王子様に感謝して
そんな王子様をますます好きになって
。。。。。





私は役者の吾郎さんが大好きです。
恋音シリーズの夢の世界
NO9の魂の響き
ビーナスインファーの男と女、役者と役者、二つの存在のがっつりとした対峙
これからも観たい舞台上の吾郎さん
(新作はもちろん再演も観たいくらい)
テレビドラマでも、最近のおひげ吾郎さんにはやられました。いつもとはまた違った魅力にドキドキしちゃいました。
あれだけの登場シーンでわかるエピソードは単に性格の悪いおっさんなのに、何かありそうと思わせる存在と演技。
そう、そうっ 私ね、私ね、吾郎さんの台詞にはないところの表現に魅せられんです。
だから、「少女」の高雄孝夫とか「桜、ふたたびの加奈子」の信樹役も好きです。

。。。。でもね

中居君のどんな無茶ぶりにも応える吾郎さん
時に応えすぎて、「あの中居君が」慌てて(収集つけに)迎えに来るくらい応えちゃう吾郎さん。
スマ愛を自覚し改めてスマさんを見たとき、言葉を奪ったタクゴロ。
しんつよが初々しく見えるくらい、大人なラブラブ感を感じてしまって。あれ~っこんなにこんなんだったっけ(←どんなだ)
ずっと「吾郎ちゃん」でいてねって思っていたくせに、その自分があっさり剛君に洗脳された。ロハスの空気。
辛いときにはこちらのハッシュタグをどうぞ⇒#案ずるな我々にはロハスがいる
今思えば、私ぎりぎり間に合ったのかな? けんかっぷるのしんごろに
もう、慎吾君がどんどんツンデレのデレな愛情表現するようになっちゃってね~

。。。。。なSMAPの吾郎さんが好きなんです
SMAPの中間管理職で
SMAPの広報担当ガギグゲ吾郎さんが、大大大好きです。





だから、吾郎さんの誕生日に

ありがとう

これからもくれぐれもよろしくお願いいたします。





…ほら~もう夜が明けちゃう、寝る時間がなくなっちゃう(>_<)

で思い出しました。
サービス精神多すぎて、インタビューで答えすぎて、一人だけ細かい字になっちゃったり、全部載せられちゃったりする、吾郎さんも大好きです。

…って、まだしゃべっている場合じゃないのよ。まったく。
あっ、どこで注釈入れていいかわからなかったのですが↑※のことですが、舞台挨拶は初日を含め、行かれた方のレポを読んでいて思ったことです。

それと~(って、また話つなげている場合じゃないのですが)、うれしかったですね~
「2016年のベストバウリニューアルデイ」選出
そして、東京新聞をはじめとする投稿紙面

もっともっとしゃべりたい気持ちは尽きないけれど…(>_<);;


いつもありがとうございます
SMAP大好き
メンバー大好き
これからもずっとずっとSMAP☆
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















りんごろ

Author:りんごろ
 夢モリ時代から、一視聴者として、笑いと感動を、ずっと頂いてまいりました。無意識に。ごく普通に。
。。。そして'12年夏。ひょんなことから、スマ愛を自覚し、ファンの道を第一歩。踏み出してわかる、単なる「好き」とファンとの開き。さらに自分自身に起こる変化にも、ちょっと戸惑いぎみ(照)
 スマさんたち同様、スマファンさんにも感動&感謝することしばしば…SMAPファンになると同時に、スマファンさんのファンにもなったように思います。
 ちょっと(かなり?)ずれたところがあるかと思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。