2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

    
 
ビクターさぁん
最高! 好き! 愛してる~っ
\(≧▽≦)/ 




失礼します。最初から、こんな調子で。
でも。。。。。ね





昨夜のスマスマはとてもよい時間でした。
スタッフさんの愛が随所に感じられ
タモさんとの時間はとても温かく

でも、「最後」という、この2文字が重くのしかかってきて
どうにも気持ちのもって行き場がなくて

せつなくて
くるしくて

このまま年が明けなければいいのに
なんて、こんなに願ったことはないです



。。。。。


なところにきてですよ~
ビクターさんてば、各店舗にお衣装ドーンッ

メンバーの衣装を展示してくれるなんて

確かに私のような地方組は見られないんですが
SNSの賑わいは、まるでスマショかコンサートツアー中のよう。
「幸せのおすそわけ」にまた幸せ~ ヽ(´∀`*)ノ ってなります。なれます。


私のような地方組さん、こちらのタグ(リンク)どうぞ
⇒ #SMAP衣装展示



この凄いところは来年もしっかりあるところですよね


最初はね「SMAP 25 YEARS」も「Clip! Smap!」も、ビクターさんからのお祝い&クリスマスプレゼントだと思ったんですよ。単純に。
でも、すぐ「スマッポ封入」と聞いて、ビクターさん本気って思いました。
スマッポつけるって、つけるって…とても「最後」の印象がない。

そこにきて、花のことで年内ランキングを意識したときに、ふと思いました。
「SMAP 25 YEARS」も「Clip! Smap!」もオリコンにカウントされるのは「来年」なんだと。

そこに来て今回のお衣装ツアー

ビクターさんは、SMAPを「来年」まで持っていってくれた。
来年もSMAPが、CDショップやオリコンランキングから消えない。消せない。
…どころか、輝く。

ありがとう
本当にありがとうございます。


さらに、これも各お店の協力があってのことですよね。
各お店の皆さん、ありがとうございます。

幸せのおすそわけしてくれるスマファン仲間さんも
ありがとうございまーす\(^o^)/





私も無事、「SMAP 25 YEARS」フラゲしました。
一緒にお花も摘み帰りました。

まだ聴いてないのですが、寝る前にちょっこし聴けるとこまでまで聴きながら眠りにつきたいと思います。



実を言えば、凹んでいたのはスマスマが最後だからだけではなかったんです。

それだけでも、超絶悲しく悔しく切なく、気持ちのもって行き場がないのに…はあああっ?乾杯でスルーしただと?しかもsnsだけでなくネットニュースにもなった?
あの大切な時間を。。。。。他に書くことあるでしょう?????
どこまで、貶めるんだろう。どうしてそっとしておいてくれないのだろう。
しかも、どの立場の攻撃者も、主観で受けとめた表情を責める…
ちょっと待って、彼らはプロ。だから笑うし、笑いを誘うようなこともする。
でも、25年も続けてきたものを終わらせる(終わらせられる)んだよ。むしろそこになんらかの感情や感慨があるのが普通。
誰が暗かった、誰が辛そうだったって、それさえも見ている側の主観で、本当かどうかわらかない。でもそれが本当にそうだったとして、その理由を何でもかんでも「不仲」「仲間割れ」の証拠にしないで欲しい。


…というもやもやを一気に吹き飛ばしてくれました。
しかも、希望も持たせてくれました。

何度も繰り返しになりますが、ビクターさんありがとう

Happyになった私は、来年、どこか「遠征」にいけないか画策中です
でも、実は、やっぱ体がね~なかなかまずいです。
やっぱり健康が大切。私の場合病気持ちですが…うん、病気も空気読んだのか仕事の忙しいときはおとなしくしてくれていたのですが、なかなかしんどいです。
これから、魔の勤務形態が来年の9日まで…(休日もありますが;;)

なんとか乗り切って。。。。。
やっぱりどこかスマさん(の衣装)に会いに行きたいな~(^m^*)
それを励みに頑張ろう~っ



ありがとうございます

途中、自分のもやもやを書いてしまいごめんなさい。
今年、あといくつ記事が書けるかわかりませんが、2017年もマイペースで記事を書いていきます。よろしければおつきあいくださいね。
あ~撤回します。「よろしければ」ではなく、ずうずうしいですが「ぜひぜひ」おつきあいください

それでは、今夜も
SMAP大好き
メンバー大好き
今年も来年もずっとずっと
SMAP☆
     
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















りんごろ

Author:りんごろ
 夢モリ時代から、一視聴者として、笑いと感動を、ずっと頂いてまいりました。無意識に。ごく普通に。
。。。そして'12年夏。ひょんなことから、スマ愛を自覚し、ファンの道を第一歩。踏み出してわかる、単なる「好き」とファンとの開き。さらに自分自身に起こる変化にも、ちょっと戸惑いぎみ(照)
 スマさんたち同様、スマファンさんにも感動&感謝することしばしば…SMAPファンになると同時に、スマファンさんのファンにもなったように思います。
 ちょっと(かなり?)ずれたところがあるかと思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。