2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫


香取慎吾様

お誕生日おめでとうございます



PC画面に向かって
「慎吾君」
と打つと
頭の中には、にかーっと大きな笑顔が広がって
あったか~いものでいっぱいになります。

そしてどこからか聞こえてくる
愛してます

何かにふわっと包まれます。
あなたのハグをたくさん観てきたからかな。
ハグされた人の喜びのおすそわけ、画面を通してたくさんもらってきたからかな。
ふわっと包まれる。。。。。。



どうかあなたの
重ねる時間
歩く道
たくさんの笑顔と愛情に溢れていますように

あなたの言葉と行動が
たくさんの人を包んだように
あなたにあなたを愛する人の想いが存分に届き
包まれますように





慎吾君が大好きで
愛情をいっぱい表現してくれる慎吾君も大好きで
さらに、愛されている慎吾君を観るのも大好き です。


。。。。。特に4人の兄ちゃんに甘やかされている君が好き
(あ~本音が)


笑顔を消して陰を隠さないモードの慎吾君が
ずるいくらいいい男だって
動揺するくらいいい男だって
数年前からガンガン感じているけれど
「(いい男過ぎて)心臓に悪いから、時々でいいです」

…な~んて思っていたら、SMAPのお仕事がないとバラエティーモードの慎吾君しか観られない。
だから、ドラマや舞台、映画のお仕事が今年もあることを願っています。





各地で、お祝い電車やバス、パーティーなどイベントで、盛り上げ盛り上がり楽しい時間を過ごしている方々がいっぱい。そんな報告を拝見していると、私も幸せ~♪な気持ちになりましたが、自分もじっとしていられなくなりました。
…とはいっても、なかなか余裕がないわけで…
夕方、ほんの少しだけ善光寺界隈にお出かけまっぷ♪ (^o^*)
おじゃまっぷで長野に来た時に入った「彌生座」さんでは、その当時の写真をずっと通りに面したショーウィンドウに貼ってくれています。色褪せてきている一枚の写真なんですが、見るとやっぱり嬉しくて。
その後、慎吾君が一人抜けて買い物に行った「八幡屋礒五郎」さんにも行きました。

(機械音痴の私は、ブログに写真をアップするのがちょっと手間…解像度の調節も下手でますます画像が悪くなるので、自分のツィートのリンク貼ります。よかったらクリックしてみてください)

慎吾君の笑顔見に善光寺界隈へ①

善光寺に行くと、いつもこの慎吾君の写真の写真(ややこしい…笑)を撮って、つぶやいてしまいます。もう習慣化してます。
あっ、善光寺は「善光寺さん」と呼ぶくらい、身近な…言葉にするのは難しい独特なお寺さんです。私、年に数回行っています。
そのたびに、ちょっと回り身だけど慎吾君(の写真)を見に行きます。

慎吾君の笑顔見に善光寺界隈へ②

ここにも書きましたが、慎吾君が「家の冷蔵庫にある」と行った時、テンション上がりましたよ~っ わぁ(^O^)って。
私は辛いのは苦手なくせに、「ちょい辛」は大好物という困った味覚で、やっぱり冷蔵庫に常備しています。
(でも、慎吾君が耕史君のごはんに振りかけた「七味ふりかけ」は、私には辛すぎます…笑)





もちろん、善光寺お参りしました。
夕方だったので閉まっているところもありましたが、本堂にはぎりぎり間に合いました。普段は通らないところ、今回は落雪を避けるための通路がありました。
絵馬をつるすところを通ったのですが、真っ先に目に入ったのが「SMAP」のことをお願いしている札!
スマさんとゆかりがないお寺ですが(おじゃまっぷでも参道入り口で手を合わせるのみ)、それだけに、同志がいると思うとじーんとしてしまいました。私は絵馬ってほとんど奉納したことがないのですが、後押しされて私も書きました。





日付変更線をまたいで一日遅れになってしまいましたが、想いを込めて

慎吾君はどんな一日を過ごしたかなぁ。

繰り返しになりますが、
昨日も今日もこれからも
慎吾君の重ねる時間、歩く道に
笑顔と愛情が溢れていますように。。。。。

慎吾君大好きーっ
\(^o^)/
剛君大好きーっ
吾郎さん大好きーっ
木村君大好きーっ
中居君大好きーっ

SMAP大大大大大好きーっ

読んでくださってありがとうございます
いつもありがとうございます
拍手もありがとうございます
心より感謝。。。。。
     
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















りんごろ

Author:りんごろ
 夢モリ時代から、一視聴者として、笑いと感動を、ずっと頂いてまいりました。無意識に。ごく普通に。
。。。そして'12年夏。ひょんなことから、スマ愛を自覚し、ファンの道を第一歩。踏み出してわかる、単なる「好き」とファンとの開き。さらに自分自身に起こる変化にも、ちょっと戸惑いぎみ(照)
 スマさんたち同様、スマファンさんにも感動&感謝することしばしば…SMAPファンになると同時に、スマファンさんのファンにもなったように思います。
 ちょっと(かなり?)ずれたところがあるかと思いますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。